スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生落語なう

twitterじゃないんですが。
幼稚園の頃からの友人tkm氏のお誘いで、落語を聴きにいくことになった。
寄席とか行ってみたいと思いつつも、なかなか行けなかったので、台風はさておき、お誘いに乗ることにした。会場が神保町というのも、何だか似つかわしい気がする。寄席とかに行くのがさまになる40台って何だかカッコいい気もする。

tkm氏に会うのも1年振り。そちらも楽しみ。
詳細は後日追記ということで。


-----------------
sent from W-ZERO3
一夜明けて追記。

落語家さんはそろそろ真打かという二つ目さんだった。独演ということで、まくらも長めで三席。最初は緊張していたのかカツゼツもいまいちという感じだったが、途中で落ち着いてきたのか、三席目は滑らかだった。最後の中村仲蔵は、歌舞伎ネタとかを本人が好んでいるのが透けて見えて面白かった。

ファンの方が、席亭役をやっての席だったこともあり、客層が、ご贔屓さん中心で、まったく知らずに行った僕としては、微妙な感じだった。「そこで笑うか」というところで笑いがあって、正直引いたところもないではない。こういうところで精進してもらうのも良いけど、こればっかりだとご本人のために良いのかどうか分からないという気がした。

気が付くと打ち上げにも参加させてもらった(時間の都合で途中で失礼したけど)が、高座のうえでは結構年上に見えたものの、実は5つも年下で、私服での姿を見ると、確かにそんな感じだった。さすがにお疲れのようでしたが。

なんだかんだで結構面白かった。機会を作ってくれたtkm氏に感謝。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

tkmさん、コメントありがとうございます。
席亭さんには機会があれば宜しくお伝えください。
噺家さんが、危険性を認識しているならば、まずは一安心かな。対応策は準備できるでしょうからって、要するにアウェーの状況でやるのも大事ということなんだろう。

確かに次は定席だね。是非行きましょう。

ではまた。

どもども、遅くまでお付き合いくださりありがとうございました。
楽しんでいただけたなら何よりです。席亭さんも宜しく言ってましたよ。
噺家さんと話す機会を作れたら良かったのだけど、ちょっとタイミングを逸してしまった。

dtkさんの仰ることはもっともで、彼に限らず独演会は内輪ウケのような、
一見さんが取り残されてしまう場面って、ままあるのよね。
ありゃあいかんよね。彼自身はその辺は踏まえているとは思うのだけど。

次回は定席の寄席にも行ってみようよ。
会社帰りに寄席によるなんて、粋な遊び人みたいだよね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。