スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも企業不祥事が起こる理由/ 國廣 正 (著)


ビジネス法務の部屋で推薦されていたことや國廣先生他の内部統制の本が非常に良かったこともあり、買おうかと思ったが、図書館にあったので借りた(すみません)。

コンプライアンスが単なる法令遵守ではなく、企業に対する社会的な要請に従って、不祥事を防止するためのリスク管理としたうえで、社会的要請が日々変化する中で、実効性を保ち続けるために、自分の頭で考えるコンプライアンスをどのように実践するか(メリハリのつけ方とか)、および、不幸にして不祥事が生じた場合の危機管理として、危機にどのように立ち向かっていくかということが論じられている。

具体的な事件・事例に基づいて論じられていて、抽象論に逃げずに噛み砕いて説明されているので、非常に分かりやすいし、読み易い。コンプライアンスを中心とした企業のリスク管理に関与する方々にとっては読んでおいて損のない一冊だと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。