スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はこんな日だったということにさせてください

暑くてやってらんないっす。会社着いた時点で既にエネルギーの95%を使い果たしたような感じだった。

それはさておき、一部で「苦行」「自転車操業」とか言われつつも、無理矢理にでも一日一つはエントリを上げるために、苦し紛れで始めたのがこのシリーズ。守秘義務や、素性を明らかにしないという自分のポリシーとの兼ね合いで、実は書くのが手間なのですが…一部で好評らしいし、休み明けの今日も書いてみます。例によって、書けそうなところだけ、順不同で。

夏休み中も電子メールは定期的に見ていたので、メールの処理はさほど手間取らず。最近spamが増えたような気がするが…なんでだろ?

午前中は、午後に海外出張に出る某役員を捕まえて、某案件に関する打ち合わせ。前に書いた件で、「過去の経緯を知る人」を交えて、報告の方針ぎめ。他の役員の皆様方に報告するにしても、どこまで上げるのか、という点を調整。報告の頻度が少ないので、ある程度詳細に報告しないと、毎回「何の件だっけ」と訊かれそうなので、その辺の兼ね合いや、些細なことを上げすぎて混乱するのをどのように避けるか、というようなことを検討する。とりあえず方針が出たので、良しとする。

午後、X国の現地法人から、Y国の現地法人に余剰設備を移管する際のスキームに関する相談。X国における関税とか投資優遇措置とかの制度間の整合性が今ひとつなので、どういうスキームをとっても、必ずどこかで問題になりそう。そこで、どこで問題が生じる形にするのが一番マシかということを検討する。夏休み中も電話で打ち合わせとかしたのだが、X国、Y国双方で問題になるのは避けよう、ということに。その前提で動いた場合にX国側で一体何が起こるのか、正確なところがいまいちなので、X国側担当者(日本人)に電話で再度調査を依頼。本人は露骨に嫌そうな声をしていたがやむを得ないと思うことにする。基本的には税金の問題で、こちらが仕切る話ではないはずだが、現地の税務は現地で訊いてもらうしかないし、他にやる人がいないので、動くことにする。

商標について、ロゴの使用方法に関するマニュアルの見直し。もともと想定していたのとは異なる用途で使いたいという話が来たので、どのようにその部分をマニュアルに織り込むか、下の人の案に少し手を入れる。社内的な手続のために、不足する情報を当の依頼元に再度問い合わせる。

某国の某案件について、契約書を現地弁護士事務所にドラフトしてもらったが、内容に関して不明点があったので、問い合わせをしていた。2週間たっても返事がないので督促のメールを書く。あわせて、相手方との交渉がどうなったか、社内で交渉窓口になっている人にも状況確認の問い合わせをする。

こちらに移動してきたばかりの人が、営業さんが受け取ってきた取引基本契約をレビューした内容についてのコメント案を作った。僕のすぐ下にいる人が指導係なので、彼に対して、コメント案について気になった点をコメントで送る。あまりいろんなところから言わない方がいいだろうから。

裏面約款の改訂作業につき、従前、アメリカで付き合いのある事務所の欧州某所のオフィスの弁護士に、報酬にcapを付けた形で、こちらの案文のレビューの依頼をしたのだが、レビューの出来がイマイチだった。レビューの結果の案文だけ送ってきて、どこをどう変えたのかという点については大枠の説明のみで、細かいところが分からない。逐条で説明を求めたら、既に作業時間がcapを超えているのでこれ以上の作業は追加でフィーをよこせとの返事。困ったもんだと思ったら、一連のやり取りを全部CCで落としていたアメリカ側の弁護士が、欧州側に内緒で、「そちらのほしい返事になっているか、そちらが満足しているか確認したい、こちらでできることがあれば、無料でやるので言ってくれ」という内容のメールをよこしてきた。こんなこともあろうかと、意図的にメールをその辺腰にCCで落としていたのだから、これは、ある意味想定通りの対応。これに対して、夏休み前にいくつかリクエストをしたところ、そのうちのひとつについて、欧州側から先週末にフォローのメールが来ていた。米国側に内緒で頼んだこととの関係が見えないので、どのように対応したらいいのやら分からず、悩んだ挙句に、今日、米国側の弁護士に、関係を確認する質問のメールを出した。さて、どうなることやら。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。