スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法令のarchive

matimulog経由で知った、イギリス(England以外も含む)の法令archive.国の機関が提供しているとのこと。
Legislation gov.uk

1200年代の法令とか用事はないと思うけど、きちんとこういう形で示せるのは凄い。知的財産の使い方という意味でも参考になる面があるのかもしれない(あんまり関係ないかもしれないが、前に読んだ「知的財産権とデザインの教科書」でのとらやでの事例を思い出した)。

日本は、というと、政府機関という意味では、国会図書館の日本法令索引で現行の法令も含めて、国会審議経過は見られるが、法文については、国の他の機関が提供している案文へのリンクはあるが、旧法令については、あまりなさそう(いくつかの法令については調べてみたが、出ていなかった。出ているものもテキストではなく画像で出てきたりするけど)。議会の議事録とかは、同じところから辿れるのだが。戦後の法律については、衆議院のサイトから成立の時点のものは追いかけられる模様。それ以外にも商用のDBで改廃経過が出ているものもある模様(このパラグラフの記載は北星学園のサイトの記載による。
戦前とか、もっと遡って明治以前はどうなるんだ、というと、ネット上に国が出している情報では難しそう。有名どころという意味では、中野文庫が、明治から第二次大戦終了の辺りはカバーしている模様。

それ以前は?というと、探してみたが、解説は色々出てくるものの、原文は見つけられなかった。何だかちょっと悔しい。探し方が悪かったのかもしれないが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。