スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑についての若干の感想

炎上しても嫌なので、あげようか悩んだが、備忘の意味も兼ねてあげてみる。

大学時代のサークルの先輩のふくさんが書かれた2つのエントリ(こちらこちら)を読んで、良い機会だと思ったので、現時点での自分の考えを書いておく。いつもどおりの戯言でしか無いが。

柄にもなく重い話なので、内容は追記で。
結論からいうと、個人的には、死刑廃止には反対、冤罪対策の意味で手続を重くしたうえで、死刑の余地は残すことが望ましいと思う。

個人的に廃止に反対する一番の理由は被害者感情。そもそも感情論だから無視して良いとは思わない。人は感情で動くものだから、切り捨ててほしくない。許すという被害者の方に処罰を求めることを強制したくないが、許せない、厳罰を求めると思っている被害者の方に、厳罰を諦めることを強制すべきでもないと思う。何らかの形で道は残すべき。

何より、僕自身が、自分の大事な人が罪もなく、殺人のようなむごたらしい事件で命を失ったときに、犯人に対して、命を保証する政府を許せるか、というと個人的には許せないと思う(より正確には許せるようになれるとは思えない)。近代国家が国家刑罰権という形で、私的復讐権を取り上げている以上、取り上げた相手に対して、納得の行く落とし前をつけてくれないなら、仇討の機会をよこせと思う。

そう思う以上、自分が死刑廃止に加担したくない、だから、反対する次第。

この手の議論との関係でよく出てくる、冤罪の可能性との関係については、冤罪は裁判制度それ自体につきものだと思うので、死刑のところだけ殊更に持ち出すべきではない、と思う。痴漢の冤罪とかで、職を失う、家庭が崩壊するなどする場合を考えると、冤罪の可能性は人が人を裁くところ全てで対応すべきものであり、死刑の是非のところで殊更に勘案すべきではないのではないだろうか。死刑の是非の時にそれを持ち出すのは、命さえ取らなければ、後はカネで解決するからいいだろ、ってことを含意しているような気がして、その他の、例えば、一生の特定の時期を冤罪で自由に使えなくなってしまうということを、却って軽んじる結果になるような気がする。

死刑が抑止効果がないというのは、否定はしない。ただ、抑止効果がなければ直ちに廃止せよというのには疑問を感じる。死刑を制度として廃止するということは、何をやっても、命までは取らないということを政府が国民その他に保証することになると考える。そのことが良いのかどうか、却って犯罪を助長しないか気になる。

うだうだ言ったものの、冤罪の場合の被害が他のケースよりも相対的に大きいことは否定はしないので、死刑の可能性のある犯罪については、刑事手続を重くして、冤罪の可能性を軽減することに努めることは望ましいと思う。その過程で、加害者を許すという被害者感情を考慮することも悪い話ではない。

コメントの投稿

非公開コメント

ふくさん、コメントありがとうございます。

ふくさん、わざわざコメントいただき、恐縮です。
エントリに付け加えるべきことはあまりないのですが、死刑相当の犯罪の場合、冤罪リスク低減のために、そこだけ手続を重くするとか、被害者感情を刑低減の一要素(あくまでも一要素に留めないと別の問題が生じそうですが)にできるようにする道をつくるとか、そういう話でカバー出来ないかなと思ったりしています。
感情論をないがしろにしてほしくないので、敢えてふくさんのエントリにかこつけて感想を書いてみた次第でした。
どうもありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。

死刑判決でしょうか?

左巻き菅さん、反応が遅れてすいませんが、千葉さんは、他の候補者との比較で当選しなかっただけで、ご指摘のような意味をそこから読み取って良いのかどうか、疑問に思います。
また、大臣については、民間人も起用できるので、温存する事それ自体を避難するのも変な気がします。

ただ、個人の人命を法務大臣の裁量で左右できるのは違和感がないわけではないですが。

応報感情をどうするかは確かに難し

被害者遺族の応報感情をどうするかが、一番の問題だと思っています。私も、被害者に「我慢しろ」という強制はできないという考えは解ります。
最終的には、応報感情と、死刑囚の生命の保障をどちらを優先するかという価値判断になってしまうのかな、と今のところ考えています。
冤罪の恐れについて、死刑に限らず、特に長期の自由刑についても取り返しが付かない、というご指摘もその通りだとは思います。ただ、まだ生きてでられたか、死刑執行されてしまったかの質的差違はやはり大きいのではないかと思っております。
この問題、難しいですね。

左翼・民主党に期待できない

民主党を象徴する外国人参政権及び夫婦別姓を推進する極左翼・千葉景子は、幸い落選した。
これは、死刑反対の千葉景子法相が神奈川県民から受けた“死刑判決”。
菅直人は死刑囚を法相として政権内に温存する。
死刑反対の法相が2人だけ処刑したが、まだ100人以上が未処刑のまま。
変人・千葉景子の個人的な判断を裁判所の判決よりも優先させて良いものか。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。