スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末吉流知財法務入門―知財楽しむ者/末吉 亙 (著)


知財を専門とする弁護士さんの手による知財法務の入門書。法務目線での知財入門という感じか。

冒頭に書かれているが、NBL愛読者(ということは、主に弁護士さんや企業の法務の方々ということなんだろう)の目線で知財法務を楽しく考えようというところから、特許権、商標権、営業秘密および著作権に関する重要論点のいくつかを取り上げ、知財法務の基礎を楽しく検討する、というのが、著者から見た、この本のコンセプトということになっている。僕が読んだ限りでは、第2章が分かりにくかった(特許侵害訴訟が難しいというよりも、説明材料となった特許が、文書だけで説明すると分かりにくい特許ということに起因するものではないかという気がした)のを除けば、そのコンセプトは達成されているように思う。有名な事例を取り上げて説明に使用しているのも分り易さを向上させるのに貢献していると思う。

入門書、といっても、取り上げた論点については、相当詳しく説明がなされている。「ここは読み飛ばして結構」と細かい(?)ところについて、割り切った書き方をされているのも面白かった。また、入門といっても、知的財産法(権利取得とかは弁護士さんがあまりタッチしないだろうから、その辺まで勘案した鳥瞰図を示した本を実務家の弁護士さんが書くのは難しいのかもしれない、という気もした。追記:ここまで言うと言い過ぎという気がしたので、削除します。)や知財法務の全体像を示すというアプローチではなく、重要論点のいくつかを、詳しく説明する、というところから入門するというアプローチも、ありかな、という気がした。感じとしては、The Beatlesについて最初に「1」から入るというものかもしれない。

法務の立場から考えると、序章で会社法、特に善管注意義務から話を起こさないと経営陣に伝わらないというのは、確かにそのとおり、と思うけど、実は忘れがちな視点だよなという気がした(忘れるのはお前だけだというツッコミがあちこちから来そうだけど)。個人的には、その他には営業秘密の管理についての記載、ライセンス契約の各条項についての検討が特に興味深かった。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。