スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば商標

現在の勤務先では、知財が法務とは別にあるのに、商標権に関する事項は知財ではなく法務が所管。まあ、特許と違って、権利取得の際に、技術者と話をして、技術の内容を把握して云々するというものでもないから、担当者に技術系のバックグランドが要求されるわけでもなく、その意味では、そういう仕切りはあってもそれほど不合理でも無いのだろう。前の2社では法務の管轄ではなかったけど。

実際のところ、ここ最近では、新しい商標を取るという話もあまりないので、既存の商標権の維持と、商標権を使うときの使い方についての相談対応とかが業務。実務は定型化していて下の方々に対応してもらっているので、僕自身は特に何もしていない。こういうことをやっている、という説明を聞いているだけ。

それ以外にも理由(詳細は略)があり、商標権に関する資料を読み始めることにした。何も知らないというわけではないにしても、もう少し知っておくべきだろうと思ったので。


とりあえずは特許庁のサイトにある資料からか。

商標について
以下に結構な量の資料がある(わかりやすいかどうかはさておき)。
とりあえずは、権利取得のための手続制度概要。後者についてはビデオ配信もされていて、それも見た。

ビデオに早見優が出てきた。こういうところに出てきて地味に活躍しているんだな、と地味に感動。解説のセリフをカンペをそのまま読んでいるだけなのは、まあ仕方がないと思うことにする。

内容は非常に教科書的。ストーリー仕立てなのは良いけど、主人公が商品開発の部署で消費財のネーミングを考えているにも拘わらず、商標権のことを一切知らない感じ。おいおい、研修とかしていないのか、とか、スーパーに勤務している奥さんに新商品のネーミングについて相談とかしているけど、奥さんでも他社の人なんだから、迂闊に相談して良いのかよ、とか何とかツッコミを入れたくなる。

それと知財権全体については、知的財産権制度説明会(初心者向け)テキストがある。

色々やらないといけないことがあるが、ぼちぼち行こうというところ。

コメントの投稿

非公開コメント

亀レスですいません

アマサイさま、こんばんは。反応が遅くてすいません。
官庁の仕事は確かにオイシイのかもしれませんね。酒井法子さんみたいなケースは痛いですけど。それなりの費用も無駄になりますし。早見優さんもそうならないようにしてほしいですね。
今後とも宜しくお願いいたします。

デジャヴ?

弊社も何年かぶりの商標出願で、改めて特許庁HPを見てみました。
官庁のビデオ出演は地味ですが、タレントとしてはおいしいのではないかな。それこそ、ブランド力が増すような気がします。
これを見て、そう言えば、酒井法子も官庁ビデオ「裁判員制度」に出ていたな、と思い出しました。

早見優も知財制度に反する行為、ニセブランドバックを買いあさるとか、しないでほしいものです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。