スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的財産権とデザインの教科書 /龍村 全 (著), 渡邉 知子 (著)


*昨日酔っ払ってしまって書きそびれたので、日付を遡行して記載しておきます。

senri4000さんのところで見つけて入手。

元になったのがデザイン系の雑誌での連載ということもあり、見た目がすっきりしている。あんまり法律系の本という感じはしない。デザイン系の雑誌で、読者が知財権とかに関心があるとも限らないので、誰もが知っていそうな実例を取り上げているので、特に関心がなくても興味を引けると思う。実物などの写真や図が豊富なので、それぞれの事案で何が問題になっているのか、分り易い。




個人的には、とらやさんのアーカイブの戦略的な用い方、というのが印象的だった。過去の遺産をどうやって受け継いでゆくか、というのは色々な意味で大事なことだと思うけど、なかなか費用対効果の面で難しいものがあると思う。そういう中で、アーカイブの成果を出していくことで、社内的にもその必要性について認知度を上げて行くというのは、とっても大事だと思った次第。

良い本だけど、タイトルはどうかなあ?と思った。内容は寧ろ「事例紹介」で、それはそれで十分意味があると思うけど、教科書、という感じがしないから。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。