スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対抗言論というか、何と言うか

口蹄疫騒動に関連して、東国原知事の発言の報じ方がダメダメだった件について、検証してくれた方がおられた。

東国原知事「寝てない!けんか売ってんのか!」 大荒れ記者会見書き起こし

現場の最前線で闘っている方々に対して失礼な報道の仕方だよな、と起こしていただいた文章と記事を見て思った次第(9分分起こすのに50分かかったとのことだが、テープ起こしとかをやった経験からするとそのくらいの時間はかかると思う)。知事のコメントを報じるのも大事かもしれないが、現場で闘っている人たちを傷つける報道をして良いはずがないマスコミ以外の誰のためになる報道なのか理解に苦しむのが正直なところ。

と思って、昨夜twitterでRTをしたら、思いのほか多くの反応のRTコメントがこちらのTLにも流れてきて、そう思ってくれた人がそれなりの数いてくれたことがわかって、ちょっと安心した。
それはさておき、何かのトラブルが生じた時に、マスコミと長々と話をした挙句、彼らの都合の良いように切り取られて、意図と正反対の報道をされてしまうことは、ありえない話ではないように思う。マスコミ側が白紙で取材に臨んでいるのではなく、何らかの先入観を持って取材に来ることもありえない話ではない。

そうなると、いっそのこと、今回のように、取材を受けている様子を生でネットに流しておくというのはどうだろうかと思ったりする。一方的に報道をされるよりは、良いのかもしれない。編集される前にリアルタイムで流しておけば、操作とかを批判される可能性は比較的少ない(操作ができないという意味ではないが)。

もちろん、やり直しが効かないから、より慎重に対応しなければならないが、一方的な取材・編集をされて、レビューテーションリスクを生じさせるよりは、まだマシなのではないだろうか。一旦報道されてしまうとリカバリーが大変なので、先手を打ってリアルタイムで流して、繰り返し見られるように上げておけば、マスコミに対する牽制効果もあるだろうと思う。危機管理上検討に値する手ではないかとマジで思ったりした次第。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。