スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門分化というか…

やんわりとプレッシャーをかけたという意識はなかったのだけど、senri4000さんが米国特許訴訟の経験から米国弁護士の選び方・付き合い方についてのエントリをまとめてくれたので、感謝しつつ、気づいたことを箇条書きでメモしてみる。どこも似たようなところで苦労しているのだろうから、非常に有用なエントリだと思う。
  • LitigatorとPatent prosecution専門の弁護士とは、要求されるスキル(芸風?)が違うのは確かだと思う。素人の陪審に分り易く説明するのが前者の主たる役目のはずだし、後者は専門家間での説明が主のはず。その意味でLitigatorに科学系のバックグラウンドが必須かと言うとそうでもないだろうし(どこが素人に分かりにくいかを把握しやすい分、バックグランドがない方が良いのかもしれない)、後者では逆に必須なのではないかと思う。
  • Litigatorはtrialで闘うのが本業というところもあるだろうから、trial手前で訴訟を終わらせようとする和解交渉に対して、消極的になるという面はあるのかもしれない。
  • 上に挙げたような差異が積み重なって、ファーム全体の差異に繋がっていってもおかしくないような気が個人的にはする(そんなことを感じるのはオマエだけだといわれそうだけど)。
  • 日本の企業の行動様式への理解は、きっと重要なんだろう。特に内部での意思決定のプロセスとか、予算事情とかそういう辺りを理解してくれないと、トラブルの種になりそう。
  • 日頃の事務所との付き合いが重要という点は同感。意識的にコネクションを保つことが重要だと、思っている。

この程度しか書くことを思いつかない…やはり経験不足なんだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

確かに

senri4000さん、どうもです。
確かに、そういう形にしないとlitigatorが誤解していないかとその辺を確認できないですもんね。
ご指摘ありがとうございました。

ありがとうございます

早速トラバありがとうございます。
LitigatorはPatent Attorney(技術系のdegree必須)ではないことも多いですね。ただ、必ずチームの中にはassociateで技術系の人が入ってきます。日本の弁護士+弁理士のチームみたいになりますね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。