スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下請かけこみ寺

下請かけこみ寺

中小企業向けに、弁護士による調停手続も用意されているとのこと。手続費用は無料で、手続は非公開とのこと。手続は3ヶ月で終わることを標準としている。法務大臣の認証を受けた機関であるので、いわゆるADR法に基づき、時効の停止などの法的効果が得られることがあるという(手続利用の手引)。
(調停人の委嘱を受けられた弁護士さんのblogのエントリ経由で知った)

もっとも、調停なので、不調にすることはできるし、申し立てても相手が応じないとそもそも手続が始まらないので、相手の出方次第では上手くいかない可能性もある。ただ、上手く使えば費用的にも訴訟よりも安く、迅速に解決ができるのかもしれない。

ちなみに、ここでは下請適正取引等の推進のためのガイドラインの普及もやっていて、業種ごとの下請法遵守のベストプラクティスも公開している。



制度自体はどの位利用されているのだろうか、と思って見てみたが、かけこみ寺自体はこの1月、2月は月4000件以上の相談が来ているとのこと(中小企業庁のサイトより)。でも、この調停単体についての実績は載っていない。せっかくの制度なのだから、実績を宣伝したほうがよいのではないか(少なくとも事業仕分け対策にはなるだろう(謎))と思う。

へー、こんなのあるんだ(失礼な物言いですいません)と思ったのでメモ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。