スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認識の問題

自分用の備忘のためのメモ。ビジネス法務の部屋でのエントリ。話題になっている旬刊経理情報の記事は読んでみたいところ。
(もちろん山口先生の今後のエントリは読みますけど)
#一部up後に追記しました…って書くほどの内容ではないけど。

売上の認識時点の問題については、確かに、会計と法務との接点の一つ。危険負担と所有権の移転時期については、今までも気にしていたけど、売上の認識時点との関係まではあまり気にしていなかった。まあ、日本国内での取引の話であれば、それほど神経質になる必要はないのだろうが、船便でA国からB国へと送るのに数カ月かかるようなケースであれば、認識の時点がかなり変わってくるし、四半期決算になってからは、その辺りの取扱を気にすべき度合いが増しているのだろう。この点、先日の出張の時にも会計の人々からコメントがあったところ。INCOTERMSでいうなら、DDUではなくEXW(こちらの工場渡し)で、というところか。その他にも、検収をどう見るのか、とか、債権保全との関係で所有権留保をする必要がある場合との関係をどうするのか、というようなことも勘案しないといけないということも理解するけど…。

とはいうものの、相手のある話なので、こちらの都合だけで話が済むわけでもないけど…。

今後のレビューの際には、これらのことを頭の隅に留めて置く必要がある、ということでメモ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。