スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2010年 06月号



出張に行っている間に出たので、出遅れた感はあるけど、例によって感想などを。

特集は秘密保持契約。主だったポイントを要領よく纏めてくれているので、便利といえば便利。個人的には、判例における「秘密管理性」のレベルの検討が、有用な気がした。

ただ、セミナーとか他でも聴けるような内容が大半だったので、新味に乏しいような気がした。こういうのをきちんと定期的に取り上げてくれることの重要性は否定しないのだけど、この雑誌ならではというものがどこまであったのだろう、という気がしたのも事実。その意味では、一番最後の「契約だけを振りかざさない!弁護士が教えない“黙示の”NDA」が一番、BLJらしくて、面白かった。

ついでにいうと、NDAをどのように取り交わすか、という点だけではなく、NDAを取り交わした後、どのように管理してゆくか、契約締結後の様々な事象にどのように対応するかということを取り上げてもらえると良かったのではないかという気がしている。NDAの類は特に、契約締結後の管理が重要になってくると考えているので、そう思う。


ワークショップは、面白いけど、縁の遠い世界過ぎて、「へぇー」という感じ。議論を読んでいる分には面白いのだけど。

契約実務の記事は、なるほどと思う反面、力の強い当事者が、あまり自分に有利な条件ばかり押し付けると、相手方の合弁に対するインセンティブが低下して、結局合弁が上手くいかないというリスクがあることは、意識しておくべきではないかという気がした。この点は、合弁契約をドラフトする際に意識しておくべき点でもあると思うから。

証人尋問になったときの留意点に関する記事は、A氏がこの内容で理解できたと思えないものの、企業法務の担当者が読む分には適切な内容になっているような気がする。最初の勤務先では、陳述書とかの草案を結構作ったり、証人尋問の準備とかを結構やらせてもらったが、その時の経験からしても、事前準備は重要だと思う。準備して臨んでも、必ず一つや二つ「サプライズ」があるのが通常だった(相手方の手の内が読めない以上はやむを得ないと思う)から。

タックスマインドの記事は、面白いし、勉強になる。海外M&A案件でスキームを決める際には、税務面の問題だけで決めることはないだろうし、いずれにしても、対象国の専門家の意見を踏まえて決めることになるだろうが、法務担当者としても知っておいて損はないと思うが、その辺を適度なボリュームで鳥瞰させてくれる記事はなかなか見ないように思うので。

Global law seminarは、珍しく日本法の話だけど、債権法改正について、CISGも含めた国際的な文脈から解説してくれる記事とかをしてくれると、面白いのではないかと思う。債権法改正においては、諸外国の法令の状況を視野に入れていることは内田参与とかの発言を見ても明らかなのに、その辺りをきちんと考慮した解説はあまり見ないように思う(僕が見ていないだけかもしれないけど)ので。


最後は、例によって、本家から目次の引用。

[特集] 日常業務だから見落としやすい! 秘密保持契約に潜むリスク
NDAの典型条項例とバリエーション

井垣太介 弁護士 / 中村小裕 弁護士
【ケーススタディ】 訴訟を想定した条項案作成

浅見隆行 弁護士
誤った「常識」から脱却!

海外の先進的企業から学ぶNDAの戦略的活用

中町昭人 弁護士
“中国企業”との秘密保持契約における留意点

遠藤 誠 弁護士
18の裁判例から「秘密管理性」を分析

秘密情報の保護に関する判断要素

村尾治亮 弁護士 / 新間祐一郎 弁護士
契約だけを振りかざさない!弁護士が教えない“黙示の”NDA

杉江 武 JVC・ケンウッド・ホールディングス コーポレート戦略部/法務・知財統括部
ライセンス渉外担当/コンプライアンス担当

BLJ Workshop 
ライセンサー倒産リスクへの対応

~映画ライセンス契約を素材として~

出題者・ファシリテーター 
林 大介 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 法務部 バイスプレジデント

[徹底マスター 契約実務] シチュエーション別 提携契約の実務3 
資本提携(合弁会社)

[監修] 淵邊善彦 弁護士
柏 健吾 弁護士
石井恵介 弁護士

Interview
ジェネリック医薬品対策とM&Aで製薬業界の荒波を乗り越える

高橋健太 エーザイ ゼネラル・カウンセル 兼 知的財産担当 兼 法務部長 執行役
韓国トップクラスの事務所が日本に進出

和友外国法事務弁護士事務所

OPINION
「省事」で乗り切る

富澤敏勝 神戸学院大学実務法学研究科(法科大学院)教授
Inside Story
金融庁と企業家精神

三宅伸吾 日本経済新聞社 編集委員
連載
実務解説

証人尋問になった場合の留意点
菱山泰男 弁護士
いじめない、いじめられない!下請法違反の境界線

「受領拒否の禁止」要件の原則・例外を押さえよう
玉木昭久 弁護士
広告審査のOKライン

表示の根拠の準備の仕方
高橋善樹 弁護士・弁理士
企業会計法Current Topics

非上場会社の会計(1)
弥永真生 筑波大学大学院教授
法務担当者のタックスマインド

「海外M&A」の現場
加本 亘 弁護士
プラクティカル英文契約講座(特別集中連載―第1回)

「ウィーン売買条約」発効後の国際契約の条項はどう書くべきか?
長谷川俊明 弁護士
Global Legal Headlines

オーストラリアの再生可能エネルギー・プロジェクトに影響する法的問題
小川夏子 オーストラリア法弁護士 / ジョイ・フッカー オーストラリア法弁護士
武川丈士 弁護士
Global Business Law Seminar

契約実務から見た不実表示における取消権問題
─債権法改正における一般的規定への拡充問題─
河村寛治 明治学院大学法科大学院教授
リーガル・テクノロジーの潮流

・第6回 電子メールの重複排除処理
Ji2

・INTERVIEW
吉田直樹 米国弁護士
牛島信のローヤー進化論
真面目で慎重な読者のための転職活動ガイダンス

面接で必ず聞かれる質問
山室智子 インテリジェンス DODAキャリアコンサルタント(法務部門担当)
Research Tips
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。