FC2ブログ

Duck Tours

Duck Tourというものに出かけてきました。WWIIで使われた水陸両用車で、陸の上から、それから水の上から、両方から街を眺めるというツアーです。


bostonduck1.jpegsgduck1.jpg


この手のツアーはあちこちでやっているようです。Googleで検索してみるとシンガポール、ボストン、ロンドン、ハワイ、シアトル等にあるようです(左がボストンで使った車両、右がシンガポールでの車両)。


ボストンでも行ったことがあるのですが、シンガポールと比べると、全体としての印象はボストンの方が楽しかったです。何といっても見るところが多い。街中名所旧跡の類だらけですから。


それとアメリカという国柄なのか、スタッフのツアーの盛り上げ方が違いました。ボストンでは、ツアーガイド兼運転手が一人つくだけ(シンガポールでは運転手が2人、ガイドが別に1人でした)でしたが、みなさんそれぞれ独特な扮装で、キャラも細かく設定がしてあり、手をかけていることが伺われます。また、街中ではクラクションを鳴らして、それに併せて客にアヒルの鳴き真似をさせたりとか、川に入ってから小さい子を運転席に上げたりと、エンターテイメントに徹する感じがしました。


bostonduck2.jpeg(ボストンのガイド兼運転手)


それではシンガポールが悪いかというとそうでもありません。

何より、シンガポールは常夏の国。いつでもツアーが体験できます。ボストンでは、時期を選ばないと結構寒い思いをしそうです(特に日本人は。白人の皆様は11月とかでも平気なようですが。それでも本当に寒い時期にはツアー自体やっていません)。


それとボストンの方は英語が母国語でない人に対する気遣いはないように感じました。名所旧跡が一杯あるといってもアメリカ史に詳しくないと分からないようなところが多く、僕には訳がわかりませんでした。それに引き換えシンガポールはガイドの人も母国語が英語ではないようで、英語がゆっくりで聞きやすいです。


sgduck2.jpg


(ゆれてぶれていますが、奥にこちらを向いて座っているのがガイドさん)


まあ、そんなことを気にせず、水の上に出るのを楽しめばいいんです。説明がわかろうと分かるまいと、暑い時期に水の上で風に吹かれるのは快適ですから。


sgduck3.jpgsgduck4.jpg(シンガポール)


bostonduck4.jpeg(ボストン)

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております。

Kさんご無沙汰してます。確かに懐かしい感じがしますよね。だから僕もこちらで乗ってみたのですが。
シンガポールでリベンジもいいですが、それより先にRさんのことをいたわってあげてください。
それでは。

なつかしい・・

早くもボストンでの日々が遠い昔のように感じられるKです。久しぶりに足跡を残してみます。

いや、大したコメントはないのですが、ダックツアーが懐かしくて・・。でも結局、はたから見ているだけで乗らなかったんですよね。チャールズ川下りもしていないし、後から考えるとやっておけばよかったことばかり。

今度ぜひシンガポールでリベンジをしてみようかと。

宜しくお願い致します。

とまひれさん、はじめまして。
別にバリバリ働いているというか働かされているだけですし、ミスというか分かっていないことが多いので能率が上がらずに時間がかかっているのです(泣)。ともあれ、留学に向け、頑張ってください。僕で役に立つことがあれば(そんなものがあるかどうかは不明ですが)、聞いてみてやってくださいませ。今後とも宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました

dtkさん、はじめまして!
2007LL.M.志望生のとまひれです。エントリに関係のないコメントで失礼します。
ブログへのコメントありがとうございました。
dtkさんが留学されているときからブログを拝見しておりました。留学後すぐにシンガポールに渡られ、国際的にバリバリ働かれているdtkさんはすごい方だなぁと尊敬しておりました。
今後ともアドバイスよろしくお願いいたします。
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク