スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新標準講義 債権総論」/池田真朗



債権総論の最初の一冊に適した本。特に学生の方々には最適かと。

債権総論のおさらい(おさらいと言うほど元々きちんと学んでいたかどうかはさておき)をしようと思ったのだが、潮見先生の分厚い本に挫折して、薄めの本ということでいろいろ探してこれを手に取った次第。本編は200ページ以下で、簡潔に分かりやすく基本的なところを説明してくれているので、こちらの今のニーズにはぴったりあっていた(そういうレベルで良いのかというと、きっと良くないが)。むやみに細かい話よりも、大所を押さえておきたいというニーズにはぴったりということで(苦笑)。要所要所で道案内のように全体の中での位置づけの説明があるのも、親切で好ましい。

学生さん向けを意図していることもあり、最後の一章を使って、学習の仕方とかを丁寧に説明してくれている。当事者の関係の図式化の仕方について、矢印の引き方にいたるまで親切に説明してくれていて、こういう本が自分達が学生のときにあれば、と思ったのも事実(一方で過保護になっていないかという批判があってもおかしくないが、そうは思わない)。

同じ著者で「スタートライン債権法(こちらも改訂版が出るようだが)」「スタートライン民法総則」もあり、前者は持っていて、拾い読みはしているが、同様に分かりやすいと思う。分かりやすく書くスキルというのがあるということを実感する。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。