スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2010年 04月号



編集の方のtwitterのアカウントもできたBLJ。フットワークが軽いのが他との違いだろう。Readers Clubの読者交流会も面白い試みだし(僕は申込みました)。

個人的な好みでは、前号は?だったけど、今回は!だった。以下、個人的に印象に残った記事についてメモ。


特集の弁護士と依頼者の企業との関係については、企業側の意見だけではなく、弁護士側から見た本音も書いてあって、どちらの側の方にも興味深い内容だったのではないかと思う。相互に、相手の本音を知るのはなかなか難しいから。企業側について言えば、どこも同じような話で苦労しているということを実感した。たとえば、覆面座談会の次のあたりは思い当たる節があって、耳が痛い…。

法務部員自身も専門家なのだから、自分なりの判断の方向性まで考えてから相談するべきです。

弁護士には、自分の考え方に穴がないかを第三者の視点でチェックしてもらうだけというくらいの聞き方をすべきでしょう。

後者の点はそれが費用の抑制にもつながるから、気を付けておかないといけない。コストとの関係では、如何に丸投げせずにコントロールするかということが重要なのだろうが、そのためには、自分がそれなりに勉強していないといけないと反省。

また、弁護士さんの世代交代については、最初の会社で上司が苦労されていたのを思い出す。余裕があれば、弁護士さんの年齢も勘案して、年代と専門分野の双方の面でポートフォリオを管理しておくべきなのだろう。日々の関係を維持しておかないと、いざというときに対応ができない可能性が出てくると思うので。

海外の現地の弁護士との付き合い方の話は、付き合ったことのあるアメリカはそうかなあ、と思う一方で、その他については、なるほど、という感じ。ただ、ヨーロッパは、ひとくくりというのは、ちょっと括りが大きすぎるのではないかと思う。BRICsという意味では、ロシアだけポイントしてくれても面白かったのかもしれない。全体的にもっと突っ込んだ記事にしてもらった(企業の担当者のケースを交えた経験談とか)方が読み応えがあったように思う。

司法書士事務所の活用については、弁護士と両方に依頼すると却って話がややこしくなりそうなので、どこまで有用なんだろう、という気がした。登記の絡むあたりに限定されるのではないかという気がする。

徹底マスター契約実務のところは、契約交渉との関係では、「落とし所」の選択肢をどれだけ考えられるかが重要と思っているが、やはり、零から考えるのは厳しいような気がするので、こういうところで一回でも読んでおくと、頭の片隅にでも残って、多少なりとも役に立つのではないかと期待したい(本当は自分で考えつかないといけないのだろうけど)。条項の例まで落としこんで書いてくれているので分り易いし、使い易い。

実務解説は、非常に実務的で勉強になる。販売基本契約の見直しをしようとしているので、参考になる。条項になっているので、便利。

プラクティカル英文契約講座は、CISGの適用上検討すべき点をチェックリスト形式にしてあり、これも販売基本契約の見直しに役に立つので助かる。

法務担当者のタックスマインド、の記事は、前にNBLでも法務担当者向けの会計・税務の記事があったけど、あれが総花的だったのと比べて、もう少し実務的な話を期待出来そうに思える。今回話題になっている、事実上回収不可能と見込まれる債権について、債権放棄をどのように行うか、は債権回収のひとつのゴールとして視野に入れておきたいところではあるから、まとめてくれると助かる。

最後にresearch tipsについて言うと、丸沼書店の場合、もう一つ重要なのは、何故か(おそらく日大との関係故のことと思うが)新本も、店頭では定価よりも割引で購入可能という点だろう。医学書ほどではないけど、法律書も決して安くはないので。特集でもあった経費削減下の対応という面でも有用だろう。

最後は例によって、本家から目次の引用。

[特集] コスト削減圧力、増大するリスク 弁護士との関係はどう変わったか 
覆面座談会2010

法務部長が依頼したい弁護士、依頼したくない弁護士
アンケート2010

弁護士との付き合い方実態調査
ベテランが教える「困った弁護士」との付き合い方

メーカー法務部長
外国法事務弁護士制度の企業への影響~第二次会長レターの示唆~

藤本一郎 弁護士
現地の弁護士と付き合うコツ

・ 米国/中国

藤本一郎 弁護士

・ 欧州

阿部博友 明治学院大学教授

・ インド

小川浩賢 弁護士

・ ブラジル

河西敏章 双日 法務部

・ 中東

田中民之 弁護士
司法書士による企業法務サービスの提供

・ 【Interview】 司法書士事務所による法務サービスの特徴

鈴木龍介 司法書士

・ 【誌上鼎談】 企業側から見た司法書士の活用
弁護士リクルーターから見た ビジネスローヤー市場の動向

西田 章 弁護士
中堅弁護士覆面座談会

費用、サービス、将来…10年目弁護士の本音

[徹底マスター 契約実務] シチュエーション別 提携契約の実務1 
販売提携

[監修] 淵邊善彦 弁護士
古西桜子 弁護士
花本浩一郎 弁護士

Interview
法的論点だけにとらわれるな、全体像を把握せよ

江島 文孝 UBS証券 法務部長 マネージング・ディレクター・弁護士
[Frontier] 権利者もユーザーも安心できる 柔軟な著作物利用の仕組みとは

奥邨弘司 神奈川大学准教授


OPINION
コーポレート・ガバナンスと機関投資家の役割

江頭憲治郎 早稲田大学大学院法務研究科教授
Inside Story
「想定内」の誤発注、過失相殺は可能か?

前村 聡 日本経済新聞社 編集局 社会部
実務解説
債権管理・回収をスムーズに行うための契約条項

堀江泰夫 新日鐵化学 法務グループ・マネジャー・司法書士
法令関連情報Basics
資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)

藤池智則 弁護士
連載
実務解説

退職従業員の競業行為への対応とその限界
北脇俊之 弁護士
いじめない、いじめられない!下請法違反の境界線

「3条書面」や「5条書類」を正確に書いていますか?
玉木昭久 弁護士
[新連載] 広告審査のOKライン

不当表示か否かの判断方法
高橋善樹 弁護士・弁理士
企業会計法Current Topics

国際会計基準の任意適用にあたって必要なこと
弥永真生 筑波大学大学院教授
[新連載] 法務担当者のタックスマインド

「債権管理」の現場
加本 亘 弁護士
プラクティカル英文契約講座

「ウィーン売買条約の適用上検討すべき契約条項」
長谷川俊明 弁護士
Global Business Law Seminar

オープン・イノベーションとこれからの日本企業の知財戦略
牧野和夫 大宮法科大学院大学教授・弁護士・弁理士
リーガル・テクノロジーの潮流

・第4回 ディスカバリーでの証拠性を担保するフォレンジック技術
Ji2

・INTERVIEW
ヘンリー幸田 ニューヨーク州弁護士
法務相談スッキリ解決!Legal Thinking

パワー・ハラスメントを訴える内部通報への対応 ─行為者や会社はどのような責任を負うか─
岡 伸浩 弁護士
牛島信のローヤー進化論
[新連載] Research Tips
Author's Voice
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。