スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳してみる

ある委任契約のドラフトのレビューの依頼が来た。英文のもの。それなりにレビューをして依頼部署に返送した。そうしたら、同じ内容の委任契約を別の相手と結ぶのだが、英語を解さない相手なので同じ内容を日本語で欲しいということだった。前の英文のものを見ながら、和文のものを作ったら…前の英文の内容に間違いを見つけた。大した間違いではないのだろうが、取り急ぎお詫びと訂正を和文と一緒に送って、事なきを得た。

英文契約について訳してみることで間違いを発見するというのは、どこかで読んだなあ…と思ったら、「英文契約書作成のキーポイント」に記載があった。ううむ。

さすがに、英文契約をいちいち和訳してからレビューするのでは、費用対効果の面も含めて、無理だと思うが、時には有用な方法であることをはからずも実証してしまって…そんな間違いをしないのが一番良いのだが…。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。