スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「内部統制で現場の仕事はこう変わる」/原国太郎・矢野直



内部統制の本の2冊目。今度はtacさんおススメの本。

前に読んだ、「内部統制とは、こういうことだったのか」が上から内部統制を鳥瞰する感じだったのだが、こちらの本では、現場から、業務ごとに内部統制のイメージを積み上げる感じだろうか。経験豊富な著者が、借り物の枠組みを使わずに、主だった業務プロセスそれぞれにおいて、内部統制の観点から何が求められるか、ということをきちんと説明してくれるので、内部統制と自分の業務との関連性が分り易くなる場合が多いのではないかと思う(幸か不幸か、法務は「主な業務プロセス」ではないようだが)。


…とは言うものの、特に経理とITの分野については、人を分けて管理せよ、記録を残せ、マニュアル化しろ、と幾度となく繰り返されるので、こんなの真面目にできない会社の方が多いのではないか、一時期のアメリカ車のように人的資源を消費しすぎるんじゃない、と文句を言いたくなったり、経理やITの仕事でなくて良かったと言う気がしたのも事実。

もっとも、冷静に考えてみると、追跡可能性を確保するとか、ヒューマンエラーを防ぐとか言う目的からすれば、そういう対応が原則になるのも頷けるところ。「正論」が何であるかを最初に押さえておくのは大事なことだから、そういうことを強調することにも意味がある。

逆に、人的なものを含め、もろもろの資源が限られている中で、どうやったら、効率的、かつ、後から問題にならないような形で内部統制を行うか、というところについては、文中でもヒントのようなものは出てきているし、特に最後の2章はその点もきちんと考えようとしているので、実際の業務に従事されている方にも有用ではないかと思う。もっとも、紙幅も限られていることもあり、考え方の提示に留まる部分も多いように見受けられるから、この本だけですべてなんとかなるという話にはならないが、それは大きな問題ではないだろう(どのみち、具体的な実務については他の本に当たることになるから)。この本の価値は各業務プロセスと内部統制との具体的なつながりを示しているところにあるから。

こうして、2冊内部統制に関する本を読んで感じたのは、内部統制活動を如何に社内で位置づけるかが、やはり重要ということ。単に求めれているから、ではなく、それ以外の付加価値を関与する当事者が見いだせるかが、内実を伴った統制を継続させることが出来るか、の鍵になるだろう…何だか月並みですいません。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。