スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「外国語上達法」/千野栄一



「ぼくらの頭脳の鍛え方」で取り上げられていた一冊。新本で見つからず、某古本屋で発見。古本探しもたまには良いものです。

今の勤務先では、中国との関係が深いので、中国語を学んでみようかと思っているのだが、どうやったものか、と悩んでいたので、ヒントになるところがあった。目的と目標、何をどれだけ、学ぶかをきちんと考えること、語彙(重要な1000語を身につけることが重要)と文法が重要、繰り返すことが重要、発音ははじめが肝心で、最初で間違えると矯正不可能、という辺りは肝に銘じる必要があると考えたところ。読み易いし、実例を上げて主張を展開されているのだけど、実例に上げられているのが言語学者とかのプロの方の話が多く、素人にどこまで適用可能かどうかについて疑問が残る。

僕の場合、目的としては、中国語のビジネス文書の読み書きできるようになりたい、というところだが…できるかどうか謎だけど…。実際に始めるかどうかも含めて、もう少し考えてみよう(弱気)。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやあ、誰かからコメントがくるかと思ったら、senri4000さんからでしたか。どうもありがとうございました。
こちらもやってみようかな、と思うことは何度もあったのですが、どう考えても挫折するのが目にみえているので、もっと切実な必要が生じるまでは…と思っていたのでした。今回は、仕事面でもできた方が良さそう、という状況なので、以前よりは必要性も高いと考えます。
ともあれ、如何にして挫折せずに、やるかということも考えてみたいと思います。

No title

うわ~懐かしい。千野先生の外国語上達法。大学時代に言語学の授業でお世話になりました。もちろん、本書はデフォルトで買っておりましたね。

中国語、3度トライして3度とも挫折。とほほ。投資に見合った回収がこの先の人生で得られるかどうかを考えると二の足を踏んでしまうことが増えました。中国語の特許文書とか契約書が読めるようになりたいんだけどね。それより前にまだ英語だ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。