スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「基本講義 債権各論〈1〉契約法・事務管理・不当利得 (ライブラリ法学基本講義)」/潮見佳男



債権法改正について勉強しようにも、自分の債権法の(債権法に限った話ではないけど)知識・理解に問題があると痛感したので、復習をしたほうがいいと思い、買って読んだ。一応大学でも民法の財産法部分は、全部可だったけど(核爆)単位は取ったし、その後も何もやっていないわけではないから…復習という言い方をしても良いと思うことにする(自信なし)。債権法の本といっても、総論から入るよりも各論から入ろうかなと思ったので、amazonのレビューとかを見て、評判が良さそうで、かつ、分量が多すぎないこの本にした。


平井教授の契約法総論と異なり、最近の動きまできちんとフォローされている。今風の作りで、横書きとはいえ、トラッドな作りで「噛みごたえ」のある平井教授の本を噛み締めた(どこまで消化できたかは謎だけど)あとだと、文体も含めて、読みやすかった…特に最初の方は。不当利得の辺りは、難しい話が多くて、勉強不足が堪えた。正直仕事でも不当利得について、正面から問題になったこともないから、やむを得ないところもあるだろうと自分を慰めてみることにする。

さすがに、分量が多すぎず、というところをポイントとして選んだだけのことはあって、特に契約法はあっさりめに感じた(その前の平井教授の本との比較でそう思っただけなのだが)。あちこちで、詳しい説明は別の本を見るように、というような記載があるのも、用途(法学部または法科大学院の1年目で使用することを想定)に応じた割り切りなんだろう。契約法務の仕事に役立つ本という意味では、もっと詳しい本を読んでおいた方が良いものと考えるし、その予定ではあるが、前記の目的との関係では、この辺りはこの程度で良いのだろうと思うことにする。各論の残りの不法行為部分と総論部分も同じ著者の本を読む予定。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。