スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「債権回収基本のき」/権田修一



債権回収案件、特に初動段階の対応については、やったことがないため、この機会に勉強しようと思った。まずは、定番のこの本からということで買ってみた。なるほど、定番ということもあり、書式例が十分に出ていることも有り、分り易く書かれている。この1冊で万能とは思えないが、確かに、最初に読むべき一冊なんだろう。この本で基本を確認してから、必要な場合はその先に行く、という感じになるのだろう(本を読むよりも実戦経験がモノを言いそうな気がするが、その辺りは望んでなんとか出来るものではないし…BLJの連載のように設例を見ながら考えてみるとかしかできそうにないけど)。

第1部で債権回収の流れを大きくつかんで、個別の話は第2部で扱う、という形だけど、流石に第1部には知識として知らないことは書いていなかった。第1部は見開き左側に説明、右側に専門用語解説、となっているが、正直読みにくかった。専門用語の解説については、まとめて、五十音順の索引も付した方が、見やすく、かつ、使い易いのではないだろうか?また、法律の条文のレファレンスが少ないように思うが、脚注の形ででも全部入れておいた方が良いのではないか。入門書だからといって抜く理由があるようには思えないのだが。
第2部については、順不同で、箇条書きで気づいたこと等をメモしてみる。素人考えなので誤解などあるかもしれないけど。
  • 動産の担保を取るときに、換金可能性について調べるという話が出てこないが(不動産については言及されているが)、一言触れておくべきではないか。動産でも特注品で転用・転売不可能なものとかだと、「価値」(再調達ベースとかで考えられたものか?)ほど回収できない可能性があって、後から追加でモノを取るのは余計に難しくなるだろうから、最初の時に見極めがいるのではないだろうか?
  • 担保については、こちらで換価する場合にどのくらいの手間(時間・費用)がかかるか、とかも可能な限り検討するべきではないかと思う。
  • 手形の裏書が連続していなかった場合にどうするのか、という話がないが…少なくとも、連続していないと何が問題になるのか、くらいは記載しておくべきではないだろうか。
  • 否認権・取消権の行使等については、あまり悩まずに、とりあえず出来そうなことはやってみる、というスタンスが、実務的で交換が持てる。悩んでいるうちに時間が過ぎて、打てたはずの手が打てなくなるのが一番もったいないから。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。