スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「企業危機管理 実戦論」 /田中 辰巳


ブックオフで105円で購入。危機管理全般の入門編というところなのだろうか。不祥事対応・「闇勢力」対応あたりが中心で、災害対応の類は出ていない。危機管理に関する業務がどこまで法務の担当なのかは、企業ごとの仕事の割り振りによっても異なるが、まったく知らなくて良いということもないと思うので、読んでみた次第。法務担当者としても、この程度のことは知っておいても良いのではないかと思った。特に105円とかで買えるのであれば。一般ビジネスマン向けに週刊誌に連載したものということもあり、具体的事例(流石に出てから時間が経っていることもあり、古い事例ばかりだがこれは仕方がない)に基づき、分り易く書いてあって、読みやすい。もっとも、分かり易くても実践はそう簡単ではないのだが。
読み終わらないとそれと分からないものもあるものの、小見出しがなかなかキャッチーで、かつ、内容をよく表していると思うので、その意味では目次を紹介するのが(流石に詳細は中を読まないと分からないが)、内容紹介に適しているというのが、読み終わった時点での感想だが、アマゾンにはなかったので、やむなく手入力する。機種依存文字使用で申し訳ない。

はじめに
第一章 社外からの攻撃を乗り切る

①「正義のアウトロー」幻想を捨てよ
②体育会系を総務に置くな
③会社は自宅感覚で守れ
④警察OBは両刃の剣
⑤企業ストーカー― 午前十時の女
⑥企業ストーカー―ウォッチャー
⑦情報紙に別れを告げる時
⑧総務・広報を傭兵に任せるな
⑨警察に刑事はいても民事はいない
⑩モノサシの違い
⑪危機感をインフレさせるな
⑫盗聴は手口を知って防ぐべし
⑬隠された単語に危機の本質を見よ
⑭巧言令色、ひたむきに如かず
⑮温度差の悪戯
⑯知らぬ間に進む危機あり
⑰弁護士選びの落し穴
⑱人のふり見て我がふり見るな
⑲組織十年、人五年(1)
⑳組織十年、人五年(2)

第二章 社内の問題にメスを入れす

①タイムカードは不倫の証
②ダイヤリーは嘘発見器
③問題児は抜擢しろ
④不祥事を袋とじするな
⑤マニュアル作りの無駄
⑥マイナス情報が遅れる事情
⑦共通の敵は社内結束を呼ぶ
⑧真犯人炙り出しの術
⑨たかが社内報、されど社内報
⑩サーモスタット型危機管理
⑪如心は疑惑の証
⑫相続争いを回避する方法
⑬「発生」を前提にした予防
⑭企業内ウイルス
⑮タラ・レバ論者と人ごと論者
⑯大義名分、軸を狂わす
⑰危機下の議論が長引く理由
⑱教え上手は危機上手
⑲リストラに負けない秘策
⑳続・リストラに負けない秘策

第三章 社会とマスコミの裁きを見抜く

①残り少ない紙面を狙え
②マスコミに社会正義を与えるな
③遠近両用のメガネを持て
④嘘は退路を断つ
⑤「悪意不在」は無罪ならず
⑥罪は世に連れ、世は人に連れ
⑦予想外の害
⑧不公平な報道との闘い
⑨心の角質化に気付け
⑩記者会見のコツは「社長限界でしょ」
⑪調書の短所
⑫広報「変わり身の術」
⑬広報マンと記者の危うい友情
⑭消せない痕跡・作れない経緯
⑮「為さぬ」我慢も危機管理
⑯大船から見えぬさざ波の変化
⑰はじめに「生きざま」ありき
⑱愛人報道は「山・管」がヒント
⑲広報と宣伝の怪しい関係
⑳幼稚な予知は怪我のもと

実践躬行Q&A
あとがき
暴力追放運動推進センター連絡表
参考文献



ちなみに、全国暴力追放推進センターのサイトへのリンクもはっておく。何かあったら、ここからたどって相談先を見つけることが可能なようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。