スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライセンス契約のすべて 実務応用編/吉川 達夫 (編集), 森下 賢樹 (編集)



企業法務マンサバイバルのtacさんが共著で本を出されたと言うことで、やや出遅れましたが、新宿のジュンク堂で購入しました。内容はこれから読んで、感想は後から「追記」のところに順次足しますが、ぱっとみたところ、個々の条文案とかよりも、失敗例の紹介とか、落とし穴についての指摘の方が、他になさそうな気がするのですが、どうなんでしょうか?>識者

著者略歴のところに経歴とかまでばっちり書かれていますが、その辺りは、そつなくなんとかされたものと思われます。

ともあれ、共著であれ、自分の名前が入った本があるのは、正直、すごい羨ましいので、後に続けるよう頑張らないといかんな、と思った次第。こういうことができるほどの何かが自分にあるのかというと疑問があるし、それをなんとかするのが、来年以降の課題だな、と認識した次第。

#とりあえず第一部分だけコメントを。

1.1
出来高払いだと、個別の製品について、常にライセンスフィーを負担することになって、固定費と同じ状態になるというのはライセンシーにとってのリスクではないのだろうか?製法特許のライセンスを受けて製造したものの、その後後から別のより安価な製造方法が出てきたら、価格勝負の面でライセンスの存在が不利に作用するリスクはあるし、特に、ライセンスを受けた製法のために転用の効かない設備投資とかをしてしまうと、リスクになるのではないだろうか、という気がするのだけど、実際のところはよく分からない(そういう問題に直面した経験がない)。

NEXIで知的財産権等ライセンス保険に加入することで、ロイヤリティの回収リスクの低減が図れることがあるというのは初めて知った。

1.2
ライセンサー・ライセンシーのそれぞれの倒産リスクへの対応については、法制度上の問題のために、なんだか切れ味が悪いように思うが、実際は、妙案はないので、個別に交渉して対応するしかないということなんだろう。そのためには原則に戻って、日頃の関係を良好に保つことや、接触を密にすることで、先方の状況についての情報を多く取るというあたりが重要になってくるのであろう。

1.3
ライセンス契約のミニマムのチェックリストは、確かに便利。こうやって簡潔にまとまっているのは助かる。

1.4
独禁法の知財ガイドラインの解説も、実務上気になりそうなところをきちんと押さえてくれている感じである。

1.5
侵害の警告状の例は、わかりやすくinfringeと書いてある例が出ているけど、一言もinfringeと書いていない例もあると思う(うかつに書くと discoveryのための証拠保全義務が生じたり、相手方がフォーラムショッピングを行った上で無効確認訴訟を提起するリスクもうみかねないように思う)。このあたりはsenri4000さんあたりだともっといろいろコメントしてくれるのかもしれないけど。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

senri4000さま、お呼び立てしたようで(したんですが)、恐縮です。

> 英文の警告状でinfringeとストレートに書くのはどっちかといえば珍しいんじゃないかと思い
>ます。たいていはLicense Offerという形態を取りますね。最近警告状もあんまり来なくて、
>いきなり訴訟の方が多いですけど。ご指摘の通り、警告状を出すとフォーラムショッピングの上
>でDJ(確認訴訟)される可能性を潰すためです。
ですよね。litigation holdの義務も生じるかもしれないはずなので、却ってリスキーな気がします。そんなことするくらいなら、いきなり送りつける方がリスクが少ないように思ったりしています。

僕が言うのも変かもしれませんが、読み応えのある本だと思いますんで(僕自身が読んでいる途中なので断言しきれませんが)、お買い求めのうえ、感想をお聞かせいただければ幸甚です。よろしくお願いいたします。

No title

早く買出しに行って読みたくなってきました。
うーん、明後日フライングしてそれこそジュンク堂に買いに行こうかなぁ。

英文の警告状でinfringeとストレートに書くのはどっちかといえば珍しいんじゃないかと思います。たいていはLicense Offerという形態を取りますね。最近警告状もあんまり来なくて、いきなり訴訟の方が多いですけど。ご指摘の通り、警告状を出すとフォーラムショッピングの上でDJ(確認訴訟)される可能性を潰すためです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。