スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼくらの頭脳の鍛え方」/立花隆・佐藤優



何となくこの手の本が読みたくなったので、この一冊。対談で本に関する薀蓄を傾けているのも面白いし、古典への目配りがきちんとされているのが良いと思う。400冊の本がリストアップされているが(それぞれ200冊づつ上げていて、重なりがあるので厳密には400冊ないけど)、この中でそれなりに、読んだなあという記憶のあるものを拾うと次のとおり。

  • 「人間臨終絵巻」/山田風太郎
  • 「職業としての政治」/ウェーバー(この本はお二人ともリストアップしている)
  • 「だめだこりゃ」/いかりや長介
  • 「憲法で読むアメリカ史」/阿川尚之
このほかにも大学のゼミで「米欧回覧実記」を一部読んだりしているのだけど、それでも数が少ないなと思った次第。
「全体知」というものに漠然とした憧れはあるから、普段仕事では縁もゆかりもない分野も含めて、もっと知っておくべきことがあるのだろうと思って、それでいて、どうやってとっかかりを作ったらいいのか分からないので、こういう本を使って(多少なりとも知識のある分野では100%納得できない記載があったにしても)、知識と理解を深めることができると良いと思っている。

個別の薀蓄というか対談の中で、興味深かったのは、勝間和代さんについての評価。立花さんが「僕はちょっと俗物すぎて、つきあえないなという感じがするんだけど。」というのに対して、佐藤さんは、別の評価を下している。長いので引用はしないけど、なるほどなあと感じ入った次第。確かに新自由主義の権化と簡単にくくれないものがある。

もう一つ。土井たか子さんについての話も面白すぎる。確かにここに「バカの壁」があると痛感した。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。