スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応用問題に挑戦

挑まれたからには挑戦しないと(謎)

というのは、無茶というか、大仰だが、twitterで「企業法務について」のkataさんが教えてくれたので、ネタに飢えている今日この頃、浅学非才を顧ず、挑んでみることにする。ネットで調べられる範囲で調べてみただけなので、どうなることやら。

相手は「現場法務の部屋」から。いかにも現場で起きていそうな話

長くなるので、ここから先は、「追記」で失礼します。
一応問題とヒントを引用する。

【問題】

あなたはX社の環境部門の法務担当である。

社内の資産管理部門の担当者Aから、設備の処分について相談を受けている。Aは当該設備をY社に有償売却するつもりで、Y社の担当者Bと話を進めている。

Y社は設備等を安く買い取って自前で解体し、金属などの売れるものを売却して利益を得、売れないものは廃棄物として業者に処理を委託している。

当該設備には、法規制対象のフロンとアスベストが使われていることがわかっている。また、AはBから、「産廃のマニフェストは不要」と言われている。

この2点についてAは不安を覚え、Bに確認したところ、Bからは「買取(有償売却)の場合はマニフェストは不要です。フロンとアスベストの処理費用はわからないので、確認して後日ご連絡します」との回答があった。

しかし、Aはまだこの2点について不安を払拭できず、本当にこの処理で問題はないかと、社内の専門家であるあなたにメールで相談して来ている。

なお、この件について、もともと有償売却で話が進められているため、X社の当該事業所の廃棄物管理部門は、全く関与していない。

X社として、法的リスクおよびヒューマンエラーを含むその他のあらゆるリスクを回避しながら、合理的な価格・工数で当該設備を処分するため、あなたはAにどのようなアドバイスをすべきだろうか?



※問題文中の登場人物は、正しいことを言っているとは限りません。コメントの内容から登場人物の知識レベルや信頼度、リスクを見抜いた上で、それに合った仕事の進め方を考えてください。


<ヒント>
あるひとつの矛盾点に気付くことによって、一見もっともらしく語られている複数の事実が、オセロのようにパタパタとひっくりかえっていきます。

挑戦者求む!
法律と実務の正しい知識を持って、登場人物を見抜け!
想像力を最大限に働かせて、あらゆるリスクを察知せよ!



さて、なかなか難しいのだけど。以下回答というか、僕だったらこういうことをコメントするだろうな、ということをば。きちんとした答案にならないけど、お許しを>各位

まず最初にするのは、X社の当該事業所の廃棄物管理部門を関与させることかと思います。アスベストとかで処理を誤ると、後々で大きな問題になると考えるからです(アスベスト被害が、今になって出ていることからしても明らかなように)。誰が処分するにしても処分を誤ると大きなリスク(レピュテーションリスクとか)を抱えることになるように思うし、もたもたしているうちに、事態が悪化するのを抑える意味で、まずはここからかな、と。

次に、せっかくなので、いただいたヒントから考えると、一つ矛盾があるとのこと。とりあえず、Y社の発言を疑うとして、まず気になったのは、「産廃のマニフェストは不要」という発言。

Y社が解体して、解体後に有価物として売却できないものを、別の業者に処理を委託しているので、Y社はある意味で中間処分業者に該当するものと考えられるところが引っかかる。X社から出る時点でマニュフェストが要るのではないかと思うのでした。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、廃掃法とします)をみると、次のような規定がある。

(産業廃棄物管理票)
第十二条の三  その事業活動に伴い産業廃棄物を生ずる事業者(中間処理業者を含む。)は、その産業廃棄物(中間処理産業廃棄物を含む。第十二条の五第一項において同じ。)の運搬又は処分を他人に委託する場合(環境省令で定める場合を除く。)には、環境省令で定めるところにより、当該委託に係る産業廃棄物の引渡しと同時に当該産業廃棄物の運搬を受託した者(当該委託が産業廃棄物の処分のみに係るものである場合にあつては、その処分を受託した者)に対し、当該委託に係る産業廃棄物の種類及び数量、運搬又は処分を受託した者の氏名又は名称その他環境省令で定める事項を記載した産業廃棄物管理票(以下単に「管理票」という。)を交付しなければならない。



ここからすると、X社は、Y社に送るために当該設備の運搬を誰かに委託する時点で(受託者も許可がいるはずだけど、それはとりあえず脇へ置くべきかと)産廃マニュフェスト(産業廃棄物管理票)を交付する必要があるということになるのではないかと考えます。

ただし、この結論にたどり着く上で、前提になっているのは、当該設備が産業廃棄物であるということ。Y社に有償売却しているという点が気になる一方で、フロンとかアスベストを含んでいて、Y社が解体する(中間処分?)のに、産業廃棄物に該当しないという判断にも違和感がある。廃掃法の定義規定を見ると次のようにある。

(定義)
第二条  この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。
2  この法律において「一般廃棄物」とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいう。
3  この法律において「特別管理一般廃棄物」とは、一般廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものとして政令で定めるものをいう。
4  この法律において「産業廃棄物」とは、次に掲げる廃棄物をいう。
一  事業活動に伴つて生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物
二  輸入された廃棄物(前号に掲げる廃棄物、船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物(政令で定めるものに限る。第十五条の四の五第一項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物(政令で定めるものに限る。同項において「携帯廃棄物」という。)を除く。)
5  この法律において「特別管理産業廃棄物」とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものとして政令で定めるものをいう。



「廃棄物」に該当すれば、事業活動に伴って排出されていると考えられるので、「産業廃棄物」には該当しそう。そもそも「廃棄物」かどうかは、ゴミまたは粗大ゴミとして認識するか否かにかかるようにも思いますが、有償処分をするからゴミではないという議論も、その後Y社で解体するのと整合しにくい(ゴミでないならなぜ解体するのか?)ようにも思われます。

また、当該設備が廃棄物でないと強弁してあとから、廃棄物だったとなると、上記に基づき出すべきマニュフェストを出していなかったという点が問題になるものと考えます。そうなると、廃掃法第12条の3違反は同法25条1項6号により、「五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」という処分の対象になります。後から処分の対象になるリスクを考えると、ここは当該設備は廃棄物であるとの前提に立って、マニュフェストは要るものと考えたほうが安全だと思います。

ここまでのところで、Y社がどこまで信頼できるのか、疑わしいように思われます。少なくともY社以外にも他の会社にヒアリングするなり、引き取り価格などについて話を聞いてみる価値はあると思われます。

でも、Y社の発言について気になるのはもう一点ある。「フロンとアスベストの処理費用はわからないので、確認して後日ご連絡します」という点も気になる。プロならそんなに簡単に分からないと言うだろうか?

…とここまで書いたところで、本日は時間切れ。気になるので、残りは明日以降に考えます。尻切れトンボですいません。

コメントの投稿

非公開コメント

いえいえ

JUNさん、どうもです。面白いネタをありがとうございます。週末までには残りも調べてみようと思うので、しばしお待ちください。
ご教示いただいたところは、公平を期すため(?)、僕なりの回答を書いてから拝見します。
今後とも宜しくお願いいたします。

よく調べられていますね。頭が下がります。
迷われているとおり、廃棄物の定義というのは、なかなかの曲者で、実は条文だけでは答えが出ないのですが、例えばこんな資料が参考になるかもしれません・・・

http://eco.goo.ne.jp/word/ecoword/E00639.html
http://www.env.go.jp/recycle/waste/reg_ref/tuuti.pdf
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。