スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「植草甚一コラージュ日記〈1〉東京1976」


世代的にJJさんは知らないのだが、気になってはいたので、図書館でこの本を借りてきた。全集の月報用に手書きで日記を清書したものをつけていて、それをまとめた本。手書きも読み易いし、原稿用紙で遊んでいたりするのも面白い。独特の文体を堪能したのだが、面白かったのは、様々なモノの値段もきちんと書いてあることや、当時のハイテクというか技術水準が分かるところ。日記だから当たり前かもしれないけど。コピーではなくゼロックスと言って白黒が一枚35円とか40円だったりとかしていたことが分かる。本の値段はさすがに分からないけど。自宅とは別に本を借りる部屋が2軒、新しく借りる部屋の家賃が6万円というのも凄いような気がする。毎日のように本を買っているとそのくらいになるのだろう。それだけ本が買えるのが羨ましいような…。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。