FC2ブログ

裁判と社会―司法の「常識」再考 (日本の“現代”) / Daniel H. Foote (原著), 溜箭 将之 (翻訳)


図書館で借りてみた(最近これが多くてすいません)。今の職場だと、アメリカ人の法律家にとって日本の法律がどう見えるか、ということは、押さえておくと良さそうな気がしたので読んでみた。読んでみて面白かった。

特定の社会における法を理解する上では、文化的な側面に限らず、制度面(法律だけではなく)や、自己利益の最大化についての考慮、も必要というところは、なるほど、という感じ。その3者の相互作用の実例がふんだんに示されているし。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク