FC2ブログ

条項対訳 英文契約リーディング / 長谷川俊明 (著)


英文契約について、古くから日本語の著書を多数出されている長谷川先生の本ということで買ってみた。結論としては、発想は面白いし、手元においておいて損はないと思う一冊。

英文契約の各種の条項について、横断的に、同種の条項を比較しながら眺めてみて、それぞれの条項の意義というか機能を理解しようという試みはすごく野心的だと思うし、しかも、いわゆる一般条項に限らず、各種取引における取引ごとに特有の「実体条項」についても対象としているというのもこれまた野心的で(幅広い取引類型をカバーするのは、それほど簡単なことではないのではないかと思うので)、野心的かつ便利な一冊になっていると思う。

個々の条項も然ることながら、それ以外にもなるほどという指摘も多く、それだけでも手元においておく価値は十分あると思う。引用はしないけど、例えば、概略次のような指摘とかは、長年日本で英文契約に関する法務を見てこられた著者でなければなかなか言えないのではないだろうか(有名なこの著者が言っているということは、年長者を説得するうえでも有用かもしれないし…)。
  • 英米で弁護士実務をするのでない限りは、徹底して法律英語を学ぶ必要はない。日本企業で必要なのは、日本法と比較しながら法律英語の基本的な概念を理解して使いこなせる人材。
  • 国際契約の交渉の中で、準拠法と裁判管轄は互いになかなか譲らないが、取引分野の法律には、よほど特殊な国を除けばそれほど大きな違いはないが、手続法は国ごとの差異が大きいし、慣れない外国で闘うデメリットもあるので、どちらかしか自己の有利にできない立場ならば、裁判管轄を選ぶのが良い。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク