FC2ブログ

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2012年 04月号 [雑誌]


出遅れたものの、例によって、気になった記事についてのみ、感想などを順不同でメモ。読み応えがあった割に感想自体はいつになく凡庸なのはご容赦あれ。

第1特集は、ありがちなものかと思いきや(それはそれできっと有用だと思うのだけど)、よい意味で期待を裏切るもので、なかなかよかったように思う。それぞれのパートについて一つずつ印象に残った記載をメモしてみる。
  1. 売買契約:法律用語を条項中に用いることは避けるべし。
    →dtk感想:法律用語は抽象度が高すぎるので、使わずにもっと具体的に権利義務を記載すべきとのこと(と理解した)。あまりそういう形で意識したことがなかったけど、確かに、と思う。
  2. 業務委託契約:業務委託契約書の審査をする際には、「この契約では、こんなトラブルが発生するのではないか。この契約書でそのトラブルが発生したときに対処できるのか」といった危機管理の視点を忘れてはならない。
    →同上:ある意味当然かもしれないけど、(情けない話だが)時に忘れそうになるので自戒の意味を込めてメモ。
  3. 特許ライセンス契約:実質的な契約審査のためには、「彼らは(dtk注:営業担当者)、この契約書によって、いったい何をしようとしているのか」に興味を持ち、想像力豊かに、具体的な事業をイメージすればよい。「一方当事者の」法務担当者である以上、会社の営業担当者なり事業部門なりが意図している事業をその意図どおりに実現させるべく、付加価値を加えればよい。
    →同上:興味を持つ、というのが実は一番重要だと思う。興味を持てば情報は入ってくるというか、入ってきているはずの情報を認識しやすくなるし、それにより想像もしやすくなるはず。今の勤務先について、それが十分でないと思っているので反省するところ。
  4. 提携契約:営業担当者から提携契約の審査依頼がきた場合、契約書案の内容を見るよりも前に、その場でまず営業担当者に確認すべきは、「その提携は独占的提携ですか、それとも非独占的な提携ですか」である。
    →同上:理由は記事を参照、だけど、確かにそこが最初に押さえておくべきところ。契約書の細部に入る前に、というところが重要。細部に入り込んでしまうと、そこを忘れがちになるし。
  5. 取引基本契約:買主が瑕疵が些細であるとして特別採用したときに、瑕疵が拡大して最終製品において損害が生じたようなケースを想定して売り主側の免責規定をいれるべきとの指摘。
    →同上:前にも書いたけど、秘密保持の条項で、秘密情報の例外のところに官公庁からの開示要求があったものを入れておくのは、どうなんだろう?開示要求があった際にそれに応じて開示する事が秘密保持義務違反にならないように手当をするのは必要だが、それは、その要求限りで手当をすればよくて、要求があったらその情報が秘密保持義務の対象から除外されて、以後は自由に第三者に開示可能となる、というのでは手当の仕方として問題があるのではないか。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク