FC2ブログ

International Multi-Party Projects: The Importance of Negotiating Process in Cross-Border Contractual Relationships

仕事以外でも英語のものを読もうということで、例によって(謎)、SSRNで探して読んだペーパー。長さも手頃だし。

長期間にわたって、契約当事者が協力しながらプロジェクト(特にクロスボーダーとなるプロジェクト)を遂行していく形の契約について、協力関係を推進させる仕組み、例えば、未知の事態が生じた場合に、どのようにそれを乗り越えるかとか、というようなことについて、その関係となる契約書の中に織り込むべきだ、という内容で、インフラ整備プロジェクトの契約の分析に基づき論じている。

インフラ系の契約については、長期間にわたるし、予想できない要素もあって、予算にしても納期にしても、超過することが往々にして見られるが、それはその種の仕組みを織り込んだ形で契約をしていないから、という面があるという指摘。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク