FC2ブログ

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2011年 12月号



読者交流会も楽しみなBLJについて、例によって感想をば。

特集はシステム開発契約。以前少しみたことがあるけど、最近そういうのまったく見てないよな、でも、だからこそ読まないと思いつつ読んでみた。様々な切り口からの解説、特に企業側(さらには失敗事例を抱える企業の方)からのコメントと、大規模開発と、中小企業での開発とを分けて記事にしている点が秀逸。全体としての感想としてメモっておくと
  • ユーザーサイドからすると、開発自体が本業ではないので、どうしても、理解不足と言うか、開発への関与について腰が引けているところがあるのかもしれないけど、それがトラブルの一つの原因になっているんだろうなということを改めて思う。それは必ずしもユーザー側だけの問題ではないのだけど。共通言語の不足による相互理解の不足が顕著なのかもしれない。
  • 開発契約もさることながら、開発がスタートしてからの履行過程をいかに文書化しておくか、というのが、トラブル防止の観点から、他の契約類型と比べても特に重要なのかもしれない。
  • 開発過程で素人の管理部門が関与する余地としては、素人としてそれほどピント外れではない質問をすることもあるのかもしれない、という気がした。素人の質問に答えられないくらいだと、仕様などについて煮詰めるべき点が煮詰まっていないという可能性があるのではないか。契約書に照らしてどうか、という点の確認をしていくことに加えて、そういう面でも法務の関与する余地は十分あるのかもしれない…と思うのだが、どうなんだろう(この辺はkataxさんに意見を聞いてみたいところ)。
  • 社内でのシステム部門と法務との相互理解のためには、法務からシステムに出向と言うか社内交流というのは、ありなのかもしれない。まあ、それはシステムに限った話ではないけど。逆に各部署から法務への出向というのも、本当はありなのかもしれないと思う。法務の専門家になるというよりも、部署内の法務センスを向上させるために。ただ、費用対効果の面でどこまで正当化できるかどうか、自信がないけど。


続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク