FC2ブログ

磯野家の相続 / 長谷川 裕雅 (著)



図書館で借りた。予約してから来るまでに半年超の時間がかかった本。図表や例文も十分に入っていて、相続という制度の概要について分かりやすく書かれているので読んでおいても損はないと思う一冊。著者の長谷川先生は、永田町で刑事弁護専門の事務所をされているとのこと。

それなりに複雑な相続の制度を説明するのに、磯野家というキャラクターを選んだところが、まずポイントが高いような気がした。家族関係がそこそこややこしく(でないと相続とかの説明に使えない)、その関係も含めての認知度が高く(だからイメージもしやすい)、それでいてヘンな色が着いていない(余計なことを考えさせない)というのが良いと思う。

続きを読む»

体調についてのメモ(2011/7/9)

いくつかメモ。
  • 3週間ぶりにカイロプラクティック。背中の筋肉は相変わらず堅いけど、それ以外は問題ない。
  • 人間ドックの結果について、2次検診の案内も入っていたので、予約をする。2次検診を求められたのは尿検診と眼科。前者は半年たってから、ということなので、眼科のみ予約。眼科というところが気になるところ。文章を読むのが仕事の大半を占めるので、仕事をする上での重要なインフラ(という言い方が良いかどうかはさておき)の一つなので、きちんとケアしないといけない。
  • 暑さ対策で導入した制汗スプレーとシャツ側にスプレーするものは、有用。ただ、首筋とか少しひりひりすることがあるので、スプレーの仕方には注意が必要かもしれない。

夜想曲/さだまさし

あれこれ考えている間に日付が変わったが、暑くてまとまらないので、you tubeに逃げる。避けたいといいつつも依存するダメ加減...orz.



夏の夜ということで何故か思い出したこの1曲。この曲が収められたアルバムが出た直後の長崎からのコンサートに行ったことを思い出したからなのだが。あのときも暑かった。某団体でまとめて行ったら、会場設営と撤収のバイトの手が足りず、団体ごと徴用(?)されていて、僕は撤収だけやったのだが、コンサートで盛り上がったあとだったので、暑さが余計に応えて、ひたすらシンドかったことを思い出した。

もろもろと

雑多なことをいくつか箇条書きで。
  • 最初の勤務先の飲み会での帰り道、別の会社に転職した後、司法試験に合格して今は弁護士事務所に勤務の某氏から「ああ、あのblog見てますよ。よくyou tubeをネタにしてますよね」といわれる。何だかちょっと悔しい。もっとネタにできることを用意しないといけないということだろう。無理して書く必要はないが、無理しないと続かないのと思うので、そのあたりが悩ましい。
  • 最近は、社内調整が多い。年回りというか、立場との関係でやむを得ないのだろうが、あまり面白くない。悩むことは多いが、費用対効果の面で報われないという実感が残る。
  • 某エライヒトから押し切られる形で英語の雛形の翻訳業務をする。翻訳業務をやり始めるとキリがないし、何より担当者がきちんと原文を読まなくなるのが問題なので、代々拒否していたが今回はやむを得ないと判断。もちろんただでは済ませない予定。
  • 翻訳にはどうしても限界があるし、限界的な状況になることはそれほど多くないかもしれないのも事実。契約書に基づく契約の履行過程では英語でのやり取りは避けられないはずなので、その過程できちんと英語の原文にあたっていないことがネックになることも問題という気がする。別途英語の契約書の読み方の研修でもするか。できるほどエラソウなノウハウがあるとは思いにくいけど。
  • もっとも、上記の業務は下の人の研修というか、英語に触れる機会を作る観点から、下の人にドラフトしてもらうことにしたのだが。まあ、ドラフトをそのまま出せるはずもないから、結局一杯手を入れることになりそうだけど。
  • 何だか、最近は瞬間的に色んなことが重なって降って来ているような気がする。一つ一つは大したことがないものの、一遍に来るとシンドイので、下の人の状況を見定めながら、ラフに指示をしたうえで、ある程度お任せで、やってもらうことが多い。幸いにして、一から自分がやったほうが良いということはそれほど多くない(ゼロではないのは仕方がない。振る時点での見込み違いもあるから)。自分がクビを突っ込まないことに慣れるのも、立場に照らせば重要なんだろうと思うことにする。

バッファとしての自分

何だかげんなりすることが多くて、早めに会社は出ている割に、帰ってきて本とか読もうとしても進まない。仕事量の割にどうしたことか、と思わないでもない。

一方で仕事量の多い(と思われる)方々のうち、senri4000さんの呟きと、その内容を踏まえたエントリを見て、思ったことをメモ。既に呟いたことに重なるけど。

senri4000さんの呟きに対して、「上に振れない以上、自分がバッファになるのは禁じ手ではないかと。」と呟いたら、驚かれた。驚いた理由については、こちらのエントリに説明していただいている。

確かに、役所に期限を切られている状況で、リソースが少ない中で、自分がやったほうが早いとなると、自分をバッファにするのは、頷けるところ、というか、他に手がなさそうに思えてきた。

続きを読む»

やさしさに包まれたなら/荒井由実

実質戦力減になっているので、部署の責任者の業務以外にも、担当者としてフツーの業務もそれなりにあって、何だかばたばたしている。契約書のレビューとか腰を据えてやるのも、簡単ではない感じ(集中力がないだけかもしれないけど)。

そんなわけで疲れているので、 you tubeからこの1曲。


この映像は、佐藤竹善がコーラスで入っていたこともあって、リアルタイムで見たのを覚えている。正直ユーミンはここではイマイチがだったが、歌のよさは分かるし、なによりムッシュがいい味出してます。ユーミンはバブルのころは、「時代と寝ている」感じが濃厚すぎて、正直好きではなかったが、最近改めて聴くと、特に初期は、良い感じがする。声も儚げなのが、いい感じだし。

今日の何だか(2011/7/4)

例によって例のごとく、箇条書きでメモ。
  • 管理部門の打ち合わせ。例によって例の如し。
  • 業界団体の専門部会に出ている人たちの情報交換会。これまた例によって例の如し。
  • 某品質クレーム対応についての打ち合わせ。この手の話はパターンが決まっているような気がするが、そのうちの一つのパターン通りに対応。
  • 某契約書のレビュー。こちらのコメントが長くなったが、元の契約書も結構長いので、そこはやむを得ないところ。
  • 夏以降の研修について、協議そのほか。とりあえず8月のお盆休み明けの研修の大まかな日程が決まる。問題は内容がまだ詰まっていないことか。9月以降の実施分はまだ決まっていない。
  • 某国の現地法人から定款の修正に関する話。修正前の定款の英語訳が謎なので、もう一度見直してもらうよう依頼をする。本題には関係ないのも事実だが、会社の定款なんだから、それが何かは、当該法人のマネジメント層もきちんと把握していないといけないし、そのためにはきちんとした英訳がある必要があるはず。

一応のメモ

何を書こうかと思っていたら日付をまたいでしまったが、毎日何かしら書くというポリシー(自転車操業とか、苦行とか、不気味な存在感とか言われますが(笑)、やると決めたらやるのだ)の維持のため、日曜日の日付で、ぼやっと思うところをメモしてみる。

続きを読む»

特捜検察は必要か /江川 紹子 (編集)


図書館で借りた。

震災と原発ですっかり影が薄くなった(それじゃいかんと思うけど)、検察の問題に関する論考。元検察の「しがない弁護士」落合先生や郷原先生、元裁判官の木谷先生、研究者、ジャーナリストの方々、という様々な立場の方々の論考などを集めたもの。

通して読んでみると、検察が、内部的なチェックが効かず、「特殊性」ゆえに外からのチェックも効かない組織で、権力だけはもっているとなると、一番タチの悪い組織で、ある意味マフィア以上にやっかいな組織になっているという思いを禁じえない。万が一、勤務先で検察に対峙する事態が生じたときのことを考えると暗澹たる気分になる。

裁判員制度など、を通じて一定の改革への動きはあるけど、先行きは未知数だし、今ある動きが事態の改善にどこまで効果もあるか、定かではなく、不安を禁じえない。何よりも、「後戻りができない」形になっているのが恐ろしい。

もちろん、それはひとり検察だけの問題ではなく、牽制するはずなのに牽制ができていない裁判所、外から批判するべきマスコミの機能不全、批判の視座を提供できていないアカデミック、それぞれ応分の批判を受けるべきということも分かる。

とりあえず、一市民の立場でできるのは、この問題を忘れないことと、ヘンに感情的な対応をしないこと(検察を結果的にミスリードすることになりかねない)ということなのかな、という気がした。

Lately / Stevie Wonder

暑くて、帰宅してもどうも調子がイマイチ(だったらとっとと寝ろという話もあるが)。やろうと思っていることも進まない。仕事上必要なのと、読んだらネタにしようというのと、2つの目的で買ってきた本も、読むのが進まない。いつもにまして内容が頭に入ってこない。

ということで、こればっかだけど、you tubeから。あまりに暑くて、Hotter than Julyというフレーズというかアルバム名が脳裏をよぎった(もう7月だけど)ので、その中からこの曲。画質はイマイチだけど、Stevieのvocalは素晴らしいと思う。

続きを読む»

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク