FC2ブログ

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2010年 12月号



例によって順不動で感想を。

付録。うーむ。何故この顔ぶれ?。とりあえず、フィーが高そうなところばかり出ているなあ。西村とか長島大野が個別の弁護士の紹介が出ていないのはなんでだろうとか、事務所ごと、先生ごとの情報公開のバラつき方とか…関係ないところばかり気になる。

就職座談会は、法務部長さんが誰なのか、無闇に推測してしまった。一人は、この雑誌に限らず法務系の雑誌でお名前をおみかけする某商社出身のあの方ではないだろうか、あともう一人は…と、これまた関係のないところに関心が向いたのだった。

一番印象的だったのは、特集のグループ会社の法務マネジメント。内容が内容だけに、企業の方々のお話の方が面白かった。当該会社にこまめに出向くことの重要性、行っているビジネス現場の把握の重要性、というところは、複数の記事で指摘されているし、実感してはいるのだけど、その一方でなかなか難しいのも事実だよな、と改めて思うのだった。
そういえばシェアードサービスについては、弁護士法72条との関係について触れていなかったが、もうみんな知っているという話なら別によいのだが(法務省の通達が既に有名になっているという意味ならね)。


続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク