FC2ブログ

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2010年 11月号


いつもの如く、気になったところだけ、順不同で感想を。全体の印象としては、盛りだくさん過ぎて、個々の掘り下げがイマイチなのかな、という気がした。

業務委託契約のリスク回避策については、製造委託をするケースもあるので、その部分は特に参考になりそう。ただ、委託か請負かという話のところでは、一応印紙税額が異なることについても触れておいても良かったのかもしれない。また、偽装請負の話についてはもう少し言及があったも良かったのかもしれない(バックナンバーで触れているのであればそちらも)。
アジア各国への委託についても記載があるが、紙幅が少なすぎると思った。もっと突っ込んだ話を読みたかったので、残念な気がした。中国における来料加工に伴なう話だけでも、税制上の問題に始まって、色々と問題があるはずだから、読者のニーズは一定程度あるのではなかろうか。メーカーだけに限らず、アジア各国へのアウトソーシングに伴う問題ということで、一度特集があっても良いのかもしれない。
下請法のところは、チェックリストが便利かも。

エンタテイメント業界のライセンス契約の実務については、まったく畑違い過ぎて、「へー」としか言いようがなかった。他の業界への応用可能なノウハウを探るという要素があったはずなのに、その辺は記載がなかったのが残念。あまりにプラクティスが異なりすぎて探せなかったということなのだろう。ちょこっと出てきたデータベースによるライセンス契約の管理、という辺りは汎用性があったのかもしれないから、そこを突っ込んでも良かったのかもしれないという気がした。

個人的な興味を一番引いたのは、実務解説の、企業間の製造供給取引における損害賠償の範囲。支出項目ごとに訴訟で認められる可能性を、裁判例を踏まえて検討している。大半の事例は裁判例等にならないうちに和解で終了しているのかもしれないが、訴訟になったときの可能性は押さえておくべきで、実際に同様の事例が生じたときには(メーカーなので、生じないということは想定しにくい)便利かもしれない。

続きを読む»

スポンサーサイト



となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 / 関根 眞一 (著)


Book Offで買っておいておいたのを読んだ。百貨店でお客様相談室長を経験され、その過程で1300件以上の苦情処理に対応された方が、経験に基づき、対応術・交渉術を説く本。プライバシー保護等のための脚色が一部あるとしても、クレーマーの方々とのやり取りが実にリアルなので、一気に読んでしまった。

現職も含め、今までBtoCの企業に勤務した経験がないので、こういう実例は対岸の火事という気がしないでもない。ただ、BtoBでも、苦情対応がないわけではないので、読んで損はなかった。初期対応で事態を炎上させないために、相手の立場に立って対応することの重要性と難しさを認識した。初期対応を成功裏に収めるためにも、手元においておいて、何か事があったときに見て、自分を落ち着かせるために使っても良いのかもしれない。

続きを読む»

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク