FC2ブログ

輸出管理系サイトについてのメモ

牽強付会って感じもなきにしもあらずですが…。

輸出管理業務の責任者も兼務することになりました。関係しそうな資料とかは以前から次のサイトとかは見ているのですが、お役所系の文章で読んでいて面白くも何とも無い感じ。
もうちょい、読む気になる文章で書いてある、実務家さんの手によるサイトとかないのかな、と思って調べた結果のメモ。内容については無保証なのは言うまでもない。
  • 第一法規の輸出管理ナビ
    出版社のblogでそれなりの頻度で更新されそう。「御社の安全保障輸出管理は大丈夫ですか」という実務書が近々出るらしい。こちらのblogでも紹介した定番2冊は、今ひとつ無味乾燥だったので、そうでないことを希望。
  • 輸出管理のページ
    通関士の資格をお持ちで、パソコンメーカーで輸出管理業務をされていた方のサイト。やや内容が古いものもあるようなので、その辺は注意が必要かも。
  • 米国の輸出規制
    家電メーカーのコンシューマー部門で輸出管理業務に従事された経験をお持ちの方が翻訳をされている。updateもこまめ。

続きを読む»

Working With Contracts: What Law School Doesn't Teach You /Charles M. Fox


ようやく一通り目を通したので感想等をメモ。
(2012年7月27日追記:和訳が商事法務から出るらしい)

Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flomで勤務していた弁護士の手による契約書draftingの本。アメリカの若手lawyer向けではあるが、日本の企業法務の担当者が英文契約のレビューやドラフティングをする際にも参考になる一冊。安価で分量も多くないので、一読したうえで、手元において折に触れて参照するのが良いような気がする(僕はそうするつもり)。

アメリカのロースクールでは契約書のドラフティングについて、普通は教えたりはしないので、ロースクールを出ても契約書のドラフティングやレビューをどのようにすれば良いのかすぐに分かるとは限らない。そこで、契約書とは、ロースクールで書いてきたその他の文書と異なり、読者を説得するのではなく、読者が書き手と同じ理解をすることが求められているというところから話を始めている。

そのうえで契約書の基本要素として
  1. 表明保証(一定時点での当事者に関するスナップショット)
  2. 誓約事項(今後の行為に関する制約)
  3. クロージングのための前提条件
  4. 契約条項の違反に対するremedy、および
  5. 定義
をあげ、それらに対する解説をしたうえで、契約締結までの間のプロセスとその中におけるlawyerの役割を説明している。さらに、次のような順序で話が進んでいる。
  • ドラフティングの考え方
  • 契約書作成のテクニック
  • 作成された契約書のレビュー等の仕方
  • 修正・同意・放棄についての説明
  • 形式面に関する論点
  • 表明保証などについてのより詳細な解説
  • いわゆる一般条項についての解説
  • グロサリー(注:実はここも結構有用かもしれないと思ったりする。特に頻度は少ないけどファイナンス系の契約を見るときには)
著者も認めているように、著者のそれまでの経歴故か、M&Aとかファイナンス関係の契約を念頭においた形になっているので、その他の契約との関係で重要なものは記載がなかったりするものがあるかもしれない。それでも、正確さを旨とすべき文書でありながらも、相手の合意を得るために、どう表現を柔らかくするか、そしてその場合にはどういう問題が起こりうるか、という辺りの実務的な説明だけでも、手元においておく価値はあると思う。このあたりはさすがに英語での説明でないと却って分かりにくい。個人的には、結構気付かされることが多い一冊だった(自分のレベルが低いからなんだろうけど)。


続きを読む»

MARUZEN & ジュンク堂書店 渋谷店 に行ってみた

国立新美術館に行った後で、渋谷のMARUZEN & ジュンク堂書店に出かけてみた。渋谷で大きな書店(紀伊国屋やBook 1stは一応あるが...)がいまいちなので、期待して行ってみた。

場所がイマイチ駅から遠いのはジュンク堂の芸風なのかな、と思っていたが行ってみると、本棚の作りとかモロにジュンク堂。僕には、単なるジュンク堂との違いはよく分からなかった(とりあえずカバーとかのロゴは違うが)。

本棚同士の間隔が狭く、かつ、本棚が長いので、すれ違いにくく、使い勝手はいまいちではないかという気がする。量を置こうという発想からするとやむを得ないのだろうか。また、これはビル自体の作りの問題だが、全体スペースに比べてトイレスペースが少ないのではないだろうか。本屋に行くとトイレに行きたくなる法則を考えると気になるところ(実際行ったら、男子トイレでも個室待ちの列があったし)。

法務の書籍については、とりあえず、立花書房の品揃えの良さが印象的だが…何故?そんなに需要があるのかな?法務系の書籍は、公法系が政治よりのところにあったり、消費者法関係や、金融法関係がその他の法律と別のところにあったが、まあ、予想の範囲内なので、OKではなかろうかと。

とりあえず今後に期待ってことで。

Man Ray 展を見た

国立新美術館での展覧会を見てきた。

20100904_1.jpg
カッコよく撮ったつもりだが、ピントを合わせるべきところを間違えている(滝汗)。しかも、その場で気づかないとは…(涙)。
20100904_3.jpg20100904_5.jpg
会場はクールにまとめられていて、観やすかった。こちらの知識不足で、よく分からなかったものの、マン・レイというと写真家というイメージしかなかったものの、写真家という枠で把握すべきかどうか議論の余地があるということだけはよく分かった。例のキキさんのヌードの写真に記号を書いた写真自体がなかった(それを加工したものはあった)のが個人的には残念。

個人的には、きちんとこまめに作品の記録をつけていた(インデックスファイルのコピーが展示してあった)のと、取った手法の多様さが印象に残った。

続きを読む»

今日はこんな日だったってことで宜しく

例によって例のごとく、書けるところだけ。
#一部修正しました。

四半期ごとに行っている某業務につき、偉い人に問い合わせメールを出そうして、先日の組織変更により、誰に何を訊くべきか変化している可能性に気付く。事情通の某氏に詳細を確認してもらうことにする。

某社内用雛型の見直しにつき、関係各所に意見を求めるメールを書く。出したつもりになって帰り際に出していないことに気付いて、出す。

以前から手伝っている輸出管理につき、正式に兼務となり、来週人事から公式発表があるとの連絡。
あわせてそちらのチームでの打ち合わせ。課題が色々あるが、一つづつやっていくしかない。

帰り際に契約書のレビュー依頼をもらう。今すぐやらないといけない内容ではないことだけを確認して、宴会に向かう。

-----------------
sent from W-ZERO3

feedback

先日営業さん向けに全国3箇所で行った研修について、研修事務局側でアンケートを取った結果が送られてきた。回答した人の数が受講していた人の数に対して多く無いので、この結果からどこまでのことを読み取っていいのか、悩むところもないわけではないが、結果について、差し支えない範囲でメモ。

今回は、僕がNDAについて、もう一人の人が輸出管理の必要性について、話をした。

研修全体について、興味があると回答したのが半数強。一方内容が分り易いと回答したのは8割強ということだった。興味はないが、内容はわかりやすかったと回答した人がいたのが、興味深い。

講師について分かりやすかったと答えてくれたのが、8割。残りは無回答。

…どちらについても、回答が講師にもフィードバックされることを勘案して、一定の配慮がふくまれていること(研修について、不満に思っている人はそもそも回答しない可能性もあることだし…)からすれば、内容、特に僕が担当した部分については、反省すべき点があるものと考える。前にも書いたけど、少なくとも次の点。
  1. 内容が多すぎた
    実務でNDAの締結に関与したことのない人もいたため、そういう方々にとっては興味が持ちにくかったのだろう。もっと初歩的なことに絞っても良かったのかもしれない。「最低限これだけは」というところに拘り過ぎた。
  2. こちらの勤務先で起こりそうなことを説例にすべき
    実例が世上一般的に起こりそうなことであっても、こちらの会社で起こりそうとは限らない。こちらの会社の実務で起こりそうな事例をネタにすべき。ただし、本当にあった、失敗例とかを取り上げると、興味が違う方向にいきかねないのが難しいところ。
今回の研修とは関係ないが、他に研修で取り上げて欲しいネタとかは、営業さんが、どの辺りで困っているのかというところが透けて見えてきて、中々面白かった。



続きを読む»

「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」

前回に引き続き(?)某弁護士さんを囲む会。前回の80年代縛りから遡って今回は70年代縛り。もっと別の曲も考えたけど、ハジけた方がいいのなら、この曲かと。1973年とのこと。



歌詞はこちら

最初に幼なじみのTに聴かされてびっくりした。「いつもの面子」で歌うとなぜか盛り上がるが、サラリーマン以外だと盛り上がるかなあ…。

「酒がお前を裏切らないとでもいうのか」の「酒」を「上司」「パートナー」にしたり、
「捨てる神あれば拾う神ありとでもいうのか」の「神」を「会社」「事務所」とか変えると…顰蹙かいそう。

シラフでやるのは恥ずかしいような気がする…(意味不明)。

続きを読む»

September

ベタですいません。TwitterでのTLを見て、自分用のメモというか何と言うか。9月というと、個人的にはこの3曲。月の名前が付いた有名な曲が複数あるのって、9月くらいではなかろうか…(僕が知らないだけか)。
you tubeネタが続きますが…。内容は「追記」で。

続きを読む»

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク