FC2ブログ

独禁法講義 第5版/白石忠志



白石教授の概説書の第5版。「独禁法の本当の姿を、わかりやすく構造化」というのがご本人のコメント。

複雑怪奇な部分を取り除いた構造を分かりやすくという意図は非常によく伝わってくる。最初に、どこの国であれ、独禁法ならば共通に持っているであろう構造について、説明し、その後もその裏付けの一環として、特殊な問題も含め日本の法典およびその運用について説明するという構造になっている。これは、企業法務などでは、国をまたぐ取引が一般化している中、特に独禁法は国をまたぐ形での執行がさかんなことからすれば、非常に有用なのではないかと思う。特定の国を前提にしない議論を前にくくり出す形を取っているがゆえに、多少構造がややこしくなっているが、その分、読者を迷わせないように、ナビゲーションもしっかりしている。

とはいえ、上記のような作りをしている関係で、特に最初の部分の抽象度が高めで、とっつきにくいという感じが、前の版を読もうとした時もあったし、今回もそれは感じた。そういう意味で、まったく独禁法を知らない人がいきなり読んで大丈夫かというと、正直自信がない。僕自身も他の本(ベーシック経済法)を読んでから読んだり、他の方法で勉強した経験があったから、混乱が少なくて済んだという気がしているから。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク