FC2ブログ

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2010年 08月号



毎月感想を書いているBLJなので、今月も気になったところだけ感想をば。

特集の労働法務については、正直現職も含めて、今まで勤務した3社とも人事が所管して、訴訟になったときに多少法務がお手伝いすることがある、という形で対応しているので、まったく知見も経験もない。そういう人間の目からすると、こうやって最新の状況のupdateも非常に助かるのだが、時々しか関与しない人間向けに基本のおさらいみたいなものがあると嬉しい…というのは横着に過ぎるか(苦笑)。実務に関するところでは、具体的な状況に優先順位をつけることの重要性は、解雇をめぐる交渉下でも重要ということとか、外資のドライさ加減が、当たり前のことではあるのだろうが、それでも、やはり印象的だった。海外主要国の法制の最新状況をさらっとまとめているのは、さすが、あの事務所というところなのだろう。

ワークショップについては、今回もなかなか難しく、考えさせられてしまった。調査自体のもたらすリスクをどのように管理しながら、調査の実を上げていくかというところは、実際やってみないと勘所をおさえるのは難しいのだろう。それぞれのステップごとに、事前にどこまで想定シナリオを考えられるか、が鍵なんだろうな、とは思うけど。随所に出てくる細かい現場でのテクニック(揺さぶりをかけながら話を聴くとか)は、ファシリテーターの方の場数の賜物だろうし、こういうのが分かるのがBLJの良いところなのだろう。

個人的にこの号で一番興味深かったのが欧州の約款規制法の記事。理由は…略(苦笑)。こうなると、英語で欧州のどの国でも使用可能な裏面約款をつくろうとすると、結構面倒なことになりそうな気がしなくもない。記事の最後に書かれている手で対応するとなると、実は裏面約款の意味が減殺することになったりしないだろうか…。


続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク