FC2ブログ

「内部統制とは、こういうことだったのか―会社法と金融商品取引法が求めるもの 」/國廣 正, 五味 祐子, 小澤 徹夫



諸般の事情で、仕事上は直接関与しない内部統制について、理解をしておいたほうが良いな、と思い至り、本をよむことにした。ネット上では、日経文庫の町田先生の本とかを薦める声が多いような気がしたけど、手に取ったら3ページくらいであっさり挫折してしまい、監査法人系の本は、実務の詳細に入りすぎていて、途中でこれも断念した。他に適当な本がないか探して、行き当たったのがこの本。

内部統制がなぜ必要なのか、というそもそも論から説き起こし、コンプライアンスやBCPも含めた、やや広めの文脈から内部統制を位置づけ、会社法と金商法それぞれが求める内部統制の範囲の違いも分かりやすく整理されている。弁護士と担当者の会話形式も読みやすく感じさせてくれた。細かな実務についての話は出てこないけど、僕はそういうことが知りたかったわけではないから問題にならない。法務の視点から内部統制をどのように理解したらよいのか、ということが分かりやすいので、法務の人が内部統制について知りたくなったときに、最初に読む本としてお勧めできると思う。

続きを読む»

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク