FC2ブログ

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト/酒井穣



NED-WLTの酒井穣さんの本。twitter上でも好評なようなので、買って読んでみた。全部が参考になる人は稀ではないかと思う一方で、どこかが参考になる人は多いと思うし(もちろん、一番読んで欲しいのは経営者の方なのだが)、その意味で買って読む価値はあるのではないかと思う。ネット上で好評だからといっても好みに合わなかったりするケースも多いのだが、これはそうではなかった。

緻密な構成に基づき、自らの考えを具体的な人の発言や具体的事例で裏打ちしていて、分り易いし、読み易い。僕は、本を読むのが必ずしも早くはないのだが、それでも、会社からの帰り道の電車の中の1時間ほどで読み終わってしまった。平易な文章と読ませる力の所以だろう。

個人的に一番印象に残ったのは、冒頭で書かれている次の発言。

すべての日本人がグローバルな人材市場に投げ出されようとしている現在、きちんとした人材育成を打ち出せない日本企業は、従業員の多くを路頭に迷わせることになります。


続きを読む»

スポンサーサイト



追伸?

またもや、FJneo1994さんからお返事をいただいた。小倉先生の記事に対する話は、うかつにコメントすると大変そうなので(謎)、脇において、ついで、ということで補足させてください。この種の話をする資格には疑問の余地があるものの、嫌いじゃないんで。
(特に反応を求めているわけではないのでお気遣いなく>FJneo1994さま)

「有資格者が法務と全く縁のなさそうな部署に配属される」という前提も、自分の中にはなかった

というコメントと、対応する注の

よほど社内の法務部門の層が厚い会社でなければ、有資格者が永久に法務部署に行けないような人事をするはずはないし、1年くらいの期間であれば、法務と無関係な部署に行くことが本人にとってプラスになることも多いと思うのだけれど・・・。


という部分について補足。

(この手の話題には、最近エントリを書いてくれないけど、やはりろじゃあさんが出てきてほしいのだけど…)

続きを読む»

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク