FC2ブログ

CLE何とかならないかな。

まだ考えてます。お金をあまりかけずに自力で何とかできないかな。NYのCLEの新人弁護士向けのFAQを見る。

Q] What if I practice in a foreign country?

A] Newly admitted attorneys based in law offices outside the United States may earn a maximum of 12 of the required 32 credit hours through accredited transitional courses in nontraditional course formats (e.g., audiotapes, videotapes, teleconferences, online) without prior permission from the Board.



最初2年については毎年16単位(Ethics and Professionalismに関するもの3単位、Skillsに関するもの6単位、Law Practice Management and/or Areas of Professional Practiceに関するもの7単位)とらないといけないらしいが、外国で営業している(これに該当するのかどうかは難しいところ)場合には毎年16単位のうち6単位はテープとかで学習可能ということらしい。残りは通常の講義形式で受ける必要があるらしい。つまり、6単位分はwebinarとかpodcastでとってもいいわけだ。

ほうっておくとbarexamとかで学んだことを忘れるから、学習するモチベーションを保つ意味で何とか満たせないかと引き続き検討中。

続きを読む»

スポンサーサイト



勝手に賛同企画:いらないiPodTouchとMac Bookを提供するとSofmap買取価格の2倍になって返ってくるかもしれない話

胡散臭く見えるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

Linkさせてもらっている、「企業法務について」のkataさんがipod用のソフトを作りたいので、誰かMac環境を提供してくれないかというお話。もちろんタダではありません。

とりあえず現時点では売買スキームを想定されているようですが、それ以外のスキームも想定されているようです(どういうスキームか見てみたいような…)。Macがあまっているという方はご検討いただければ幸甚です。なお、kataさんの技術力は、僕にはコメントできませんが、windows用LAW launcherの開発で判断可能ではないかと思われるのですが、如何でしょうか?windows版は便利ですし、それがipodでも使えるようになることには、有意義なことではないかと思います。

そうそう、何でこんな話になっているのか、は、「チョコッとラブ的な何か」の記事をご参照あれ。

遅まきながら読んでみました、の続き

前のエントリーの続き。どっちみち大した話ではないのだが…。

本題の磯崎先生の取締役辞任に関するコメントについての感想。

コメントだけ最初によんだときには、「諸事情を踏まえて慎重に検討させていただいた結果、今のままでは、私が同社において社外取締役の職責を十分発揮することができないと考え」られたのであれば、そう思いながら、無理に勤められるよりは、辞められたほうがよほど株主に対して忠実なのではないか、と思うとともに、一定の限界がある中、可能な範囲で、その判断に至った経緯を明らかにされた、勇気というか、(ろじゃあさんの言い方を借りれば)矜持に、素直に敬意を抱いただけだった。

続きを読む»

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク