FC2ブログ

PCI廃業

今さらだけど一応メモ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090324-OYT1T00393.htm?from=navr

中国に遺棄された化学兵器処理事業費の詐欺事件と、ベトナム高官への贈賄事件で、詐欺と不正競争防止法違反の罪に問われたコンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)元社長・多賀正義被告(63)らの判決が24日、東京地裁であった。

 園原敏彦裁判長は、「事件の発覚で処理事業の中断を余儀なくされ、国際的な信用を損なった」と述べ、多賀被告に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年6月)の有罪判決を言い渡した。

 詐欺罪に問われたPCIグループの「遺棄化学兵器処理機構」(東京)元社長・遠藤博之(69)、PCI元取締役・栗原努(57)、元社員・久賀伸生(57)の3被告については、懲役2年、執行猶予3年(求刑はいずれも懲役2年)とした。

 判決によると、遠藤被告らは2004~06年度、人件費を水増しした事業費を内閣府に請求し、計約2億9800万円をだまし取った。多賀被告はこのうち、04年度分の約1億4200万円に関与したほか、06年8月、PCIが同国ホーチミン市の道路建設のコンサルタント業務を受注するため、同市業務管理局のフイン・ゴック・シー局長に、22万ドル(当時のレートで約2600万円)のわいろを贈った。

 ベトナム贈賄事件では、同社元取締役・坂下治男元被告(62)ら3人と同社の有罪が確定している。


PCIのプレスリリース

不正競争防止法だけではないにしても、最終的に当該事業からの撤退、会社清算にまで行くのは、厳しい話と思わざるを得ない。本件に関係のない社員にとっては災難以外の何者でもないと思うので。
スポンサーサイト



BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2009年 05月号

ようやく読んだのでコメントというか何と言うか。毎月何かメモを残すことに決めているので。

長島大野の記事は、どこかの大手事務所へのアンチテーゼというか、批判にも読めてしまうので、なんとなくニヤニヤしてしまった。特に「力の強い弁護士が事務所の若手弁護士やスタッフを独占してしまう」とか「グループの構成員同士の結束力が強すぎると、"事務所内事務所"のような存在になってしまうおそれもあります」というあたりは。また「高度な日本法サービスは外資系事務所と競合しない」というあたりは、クライアント側の行動もそうなっているだろうから頷けるところ。

CISGの記事は、微妙にもやもやした感じが残る。CISGの射程が中途半端な感じ(一定分野においてでも、これに頼れば何でも大丈夫というものではない)ところがそもそもの問題の原因(これ自体は仕方のないところだろう。出来るところから始めたという面があるのだろうし、そういうものであるからこそここまで広まったという面もあるだろうから)の一つなんだろうと思うが、どうしたものか、というのが正直な感想。とりあえずはopt out(排除)から入るのだろうけど、それも、交渉の場にどのように持ち出すのか、というところがあるし(その意味では余計な手間が増えたという思いが残る)、一方で何とかうまく使えないかという気もしなくもない。とりあえず、まったく知見のない国で、締結国であればopt inしておくことで予測可能性を上げるという程度の使い方しか思いつかない。

あと、実は気になっているのは、なぜイギリスがCISGから距離を置いているか(所謂先進国で加盟していない最後の大物)、という点。この点はこの記事では触れていない(採用に動いた方々が記事を書いている所為もあるのだろうが)が、そのあたりが書かれているとこの条約の問題点をよりはっきりと示すことが出来たのではないかと思う。
(なお加盟国一覧は次のところに国旗つきで出ている。ついでにイギリスの態度に関するコメントも出ていて、さもありなんというコメントがついている。個人的にはこういうイギリス人の態度は(それが本当だとしても)嫌いではない)

続きを読む»

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク