FC2ブログ

「東京焼盡」/内田百

中公文庫の版で読む。当然旧カナ。ちくま文庫の「内田百集成」は旧カナかどうかは知らない。

昭和19年11月1日から昭和20年8月21日までの日記。淡々とした記録であるが、東京が灰燼に帰し(自身も5月の空襲で焼け出された)、終戦に至るまでの間、という特異な時期の記録である。空襲の詳細(空襲警報の出た時間、解除された時間とかもきちんと記録されている)、出てくるモノの値段(闇での実勢価格ということになろうか)、東京内部での距離感、情報の伝達速度など(広島の原爆については数日後に記載がある)、リアルタイムの記録なので、歴史資料としての価値も高いのではないかという気がする。

続きを読む»

スポンサーサイト



歯医者その4

治療中のところは、結構良くないとのこと。治療中の箇所の周囲の腫れが引かないので様子を見ながら治療を継続。口の中が消毒薬くさい。

ここのカテゴリーに、健康・病気に関するものを追加した。
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク