スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年を振り返って

とりあえず、何とか無事に大晦日も終わるという感じ。

今年の最大の出来事は言うまでもなく、転職と帰国。自分の好み等に照らして、ここでこうしているのは辛すぎると判断して、転職に踏み切った。リスクがあるのは承知していたが、残るのは別のリスクを取ることになるから、それならば、と踏み切った次第。幸い、拾ってくれるところもあったし、入った後も、何が何だかわからない中、周囲の協力もあって、何とかクビにもならずにすんだ。めでたい。

続きを読む»

スポンサーサイト

アメリカの民事訴訟/モリソン・フォースター法律事務所



NYBarの準備にもなるかと思って読んでみた。NYBarの準備に役に立つかというと、おそらくNoだろう。分量が少なく、この本に頼って実務を行うところまではできないものの、分量を絞って大まかな視点を示すことが意図されているように見えるし、その狙いはそれなりに成功しているように思われる(実務レベルに落とした話は相談しろということ?と考えるのは考え過ぎかもしれない)。その結果、コンパクトでかつ実務的で読みやすい本になっているような気がする。

年賀状

ここ2年書いていないので、どうしたものかと思ったが、今文案作成中。来たものに返事を書く程度になりそう。すいません>リアルでご存知の方々。

以前年賀状を書いていたときは、一年に何があったかを振り返る形の文案にしていた。今年は転職/帰国をはじめとして、いろいろとあったのだが、書けること、書けないこと、書きたいこと、書きたくないことと色々あるので、文案の調整が必要。

納まり?

年内の仕事は終わった…はず。
28日の金曜日は午前中のみで、その午前中もあいさつ回りとか片付けとかで終わりで、午後からは軽く飲み食いとか挨拶とかして終わり…というのが今の勤め先の通常なのだが…。

何故か10時から12時と某弁護士事務所で打ち合わせ。
帰ってきたら、既に宴会モード。
ちょっと飲み食いした後、社内の関係先に挨拶。

で、ちょっと仕事をしたら、2時過ぎから飲み会。
昼間からカラオケ屋で酒、ってのもいい感じ。

その後6時から飲んで帰宅。若い衆はさらに飲んでいたらしい。

それで、終わればいいのだが、今日も午前中にアメリカと電話会議。疲れた。

歌い納め/KGP or Ph. K

K氏がblogに書けというので書いておこう。こんなこと書いてどうするのか、という気もするが、それを言うとこのblog自体成り立たないので無視。

例によって歌(カラオケ)。
何故か25日に行くことに。O氏の提案によるものだが、当人はクリスマスということを意識していなくて、奥様に後で怒られたらしい。iTunesで一夜漬けで仕込んだネタは仕込みが足らずにいまひとつだった。

歌い終わって飲み屋に行ったときの話で、別名馬車馬のK氏はPh. Dを持っているが、Ph. Dってつまらん、とのたまう。肩書きの見た目の問題でもないと思うが、じゃあ何がいいんだ、と訊くとでKg.Pがいいらしい。もしくは、Ph. Kらしい。なんだそりゃ。

Kg. PはKing of PainはStingの歌の題名を略したもので(K氏もO氏も熱唱しているが)、Ph.KはPhilosophy of Karaokeらしい。前者はさておき、後者は納得。まあ、僕も大学4年の時には就職先は下北沢の某カラオケ屋のマスターになれ、とか言われたから、お互い様か。

とりあえず次回は是非、K氏がサラリーマンNeoを見ていて知った Music Simulation Barへ行こうという話になった。

曲目を見ると、CHICK COREA Spainとかあるから、Al Jarreauのアレにtryってのはどう?>O氏

契約書の分量ねえ

たまには法務なことも書いてみようかと。仕事上は面白いことや面白すぎることが色々と起きているのですが、書けないことばかりで…。

ひまてんさんのところ記事から…。コメントをさせてもらったものの、その後でいくつか考えたので。

少し前に、契約案の作成を依頼されて渡した営業担当者から、

契約書ではなく覚書で行きたいんですが、A4 1枚ぐらいでお願いします。

と話があった。



こういうこと言うひといるんですよね。契約書で量り売りって何だよ、それって思うわけですよ。
相手との付き合いが長ければ、ある程度条件を端折る手も考えられるかもしれませんが、「一見」のお客だったりすると、信用も何もないので、法務の立場からすればどうしても保守的にならざるを得ない。

一方で、営業マンの気持ちを敢えて考えれば、あまり仰々しい契約書を持って行くと、相手が嫌がって仕事取れないかもしれない、と考えているのかもしれません。営業成績とかのつけ方如何によっては、とりあえず仕事を取るのが自分にとっては大事ということもあるのかもしれません。法務としては、法務が文句を言ったから取引が流れた、とか言われるのもイヤな話なので(コンプライアンスとの関係で無理やりにでもやめさせないといけないものもあるでしょうが、数的には少ないかと思います)、文句は言うにしても、ある程度は向こうの言い分も考えてやらないといかんのかなと思ったりします。

続きを読む»

いまさらながらiTunesを使ってみる

CDを買うと場所を取る、というので、迂闊にも買えないなあと思っていたのと、近所のレンタル屋で借りられるCDの盤質が駄目なのとで、今更ながらではあるが、iTunesを使ってみた。今度例のメンバーで歌いに行くにしても、最近新しい歌聴かないからマンネリだよなあと思っていたこともある。

やってみると便利。
ちなみに、カラオケ用にはうたまっぷ.comというのがあって、歌詞が分かる。

僕のPCで聴くのは音質の面で問題だが、長期保管を前提にしなければ、それなりにいいかもしれない。CDレンタルの変わりにはなる。ただ、長期保管を考えると、まだCDの方がいいと思うけど。

民主主義という不思議な仕組み/佐々木毅


一度エントリーを書いたら保管されていなかったので、気を取り直してもう一度。
もともと大学では政治系のエセ法学士なので、こういう本は気になる。

民主主義について論じる際に、最低限押えておくべき事柄を歴史を踏まえて簡潔に論じているというのが個人的な印象。歴史的背景については、さすがにまったく知らないような話はなかったので、「ああ、そういう話あったね」と思いながら読んだが、歴史アレルギーがあるとしんどいかなと思う。難しくならないようにとの配慮が随所にあると思うのだが、それで足りているかどうかは疑問。高校生の大半にはきついかもしれない。イラストはきちんと内容を押えているので、もっとあるとより取っ付きやすくなると思う。

旅の途中

ontheway.jpg
カーブミラーってのは安易な気もしなくはないが。出張中に取った一枚

一段落

出張シリーズの最後(のはず)の関西一泊二日から帰ってきました。肩は大丈夫ですが疲れました。朝から海外と電話会議。久しぶりに英語を喋ると、しどろもどろになってました。午後から研究施設で打ち合わせで、午後の打ち合わせでは途中意識が途切れ途切れでした。帰りの新幹線で多少は仕事をしようとしたら、きれいさっぱり寝てしまった。

こういう旅芸人みたいな生活には向いていないと改めて実感する。
気がつくと今年もあと10日。はやいもんです。

四十肩その後

四十肩の原因となった出張のあとも、さらに出張は続いています。一泊二日で関西、家で一泊ののち、四国某所に一泊二日、週末は家で、月曜日に日帰りで関西という感じです。

で、四十肩は、週末にきちんと冷やした後は、回復に向かっているようです。着替えも出来るようになりました。でも、時々痛いので、無理は禁物と云うところです。

神宮外苑の銀杏

2007gaien9.jpg2007gaien3.jpg2007gaien11.jpg2007gaien7.jpg
2007gaien6.jpg2007gaien4.jpg2007gaien5.jpg2007gaien12.jpg2007gaien10.jpg2007gaien1.jpg2007gaien2.jpg

四十肩の日々?

近所の接骨院に行った。
入った瞬間にファミレス風の挨拶が返ってくるのに、微妙な気分になる。

事情をいろいろ説明した後で診てもらう。
炎症が激しいらしく、温湿布を指示した先日の整形外科とは異なり、冷やせとのこと。あと、腕を下ろしているだけでも負担なので、三角巾で吊ると良いとのこと。

冷静に考えると三角巾で腕を吊るのは初めて。

腕を吊ると確かに楽だし、帰って来て言われたとおりに冷やすと、腕を動かせる領域が広がった。なるほど。

四十肩

いやな話だが、四十肩らしい。

九州某所へ出張して一泊したのだが、主な用事は済んで、宿に帰り着くころから、右肩が突然痛み出した。もともと違和感はあったが、かばんが重かったせいだろうと思っていたのだが、ともかく、痛い。

さすがに救急車を呼ぶわけにもいかず、宿でマッサージを頼んだ。有資格者のマッサージは割高だが、四の五の言っている場合ではない。痛いんだから。

マッサージに来た人いわく、トシの所為か、ストレスか、どっちかかもしれないとのこと。はっきりしろよ、と毒づく元気もなく、ともあれ、若干は回復して、シャワーを浴びて寝る。l

翌日はやっぱり痛かった。着替えるのも一苦労。ともあれ、東京まで何とか辿り着いてオフィスの近所の医者へ。整形外科医は、ちょっと触ってみて、こともなげに「いわゆる四十肩ですね」とのたまう。別に年齢には関係ないにしても、やはり、ちょっと凹む。

薬と湿布をもらい、してみると多少は楽になった。

しかしながら、痛いし、仕事はやりにくい。キーボードは何とか打てるが、鉛筆でメモをとりにくい。机の上に手を挙げるのが痛いので、ひざの上にノートを載せて、右手が動く範囲にあわせて、ノート側を動かしながら、メモを取る。創意工夫というと聞こえがいいが、それ以外にできることがないだけ。困ったもんだ。

ストレスが溜まっているにも事実(いろいろあって負荷が高いような気がする)だが、まあ、何とかやっていくしかない。とりあえず週末は接骨院にも行ってみる予定(医者も接骨院で治療してもらえと言っていたことだし)。

ウタヂカラ~CORNER STONES 4/佐藤竹善



初回盤を買った(別にプレミアとかに特に拘るわけではないのだが、1曲余計に入っているのでこちらにしようと思った次第)。

まあ、悪くないアルバム。ただ、ねえ…。

続きを読む»

久しぶりに披露宴に出た

wedphoto.jpg

僕よりも年若い某氏の披露宴に出た。同年代の挙式関係が一段落した後なので、久しぶりの披露宴。

メニューとか久しぶりにある関係者との会話や式もそれなりに気になるが、同じくらい気になるのが、オフィシャル?で写真を撮っている人。そういう人の動きが気になる。自分が結構そういうことを頼まれていたので(アマチュアで頼まれるものの中では難しいほうだと思う)、そういうことをしなくなってからでも気になる。

今回は小柄な女性が撮っていたが、持っていたもの(脚立とかバウンス板とか)からして、まあ、プロだろう。それなりにそつなく撮っていた。CANON EOSのデジカメとNikonのカメラ(こっちは銀塩だったのかな?)と一眼レフを2台というのはきつそうだったが。

続きを読む»

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。