スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものページ

http://www.jftc.go.jp/child/index.html

絵がいまいちな気がするし、そもそも子供に独禁法を理解してもらうことにどういうメリットがあるのかよく分からない。大人が考えて作ったのはいいが、本当にこれで子供が理解するのか?
何よりも、独禁法より先に子供に理解してもらうべきことはもっとあると思うのだが。
スポンサーサイト

蕎麦と温泉

今日は、どこへ行こう、と思ったときに「蕎麦食べたい!」と思ったので、神田のやぶそばへ行こうと決めた。それと、都内の温泉に入りたいとも思ったので、前から気になっていた麻布十番温泉にいくことにした。そこでタオルを持って出発。

かんだやぶそばは(今調べたらwebsiteがあって驚いた)、どうも場所をきちんと覚えられないのだが、まあ、神田駅から適当に歩いたら着いた。独特の抑揚で注文を読み上げるところとか、蕎麦屋という感じがあまりしない雰囲気が好き。空腹だったので、せいろうを何枚注文するか一瞬悩むが、二枚にする。二枚すすった。

続きを読む»

英国「書式戦争(Battle of Forms)」戦況ノート/中村秀雄(国際商事法務Vol.35, No.9)

休みの間にいくつかの雑誌記事を読むつもりでコピーを取ったのだが、読んだのはこれ一つというのが、なんとも…。

"Battle of Forms"という言葉自体は、英米法での契約についての話の中によく出てくる。「英米法辞典」(東京大学出版会)では次のように記載されている。

battle of the forms 書式間の抵触; 書式間の争い □現代の定型的・大量取引においては, 例えば買主は定型の purchase order (注文書)で注文をし, 売主は定型の acknowledgment (請書; 承諾書)で返事をして取引が成立する場合が多いが, 何らかの争いが生じたさいに, 2つの定型文書に含まれる条項が一致せず, 契約の有効な成立と, 仮に有効だとしても何が契約で定められたかにつき疑問が生じる. これが battle of the forms とよばれる問題である. 伝統的な mirror image rule (鏡像原則)によれば, 厳密な合意がないとして契約は無効とされたが, U.C.C. §2‐207 は契約の有効な成立を認め, その場合の契約内容につき解決の指針を与えた.


とは書くものの、実際のところ、どういう"Battle"になるのか、よく分からない、というのが個人的な印象。もちろんBUでのContract Lawでも関係するケースがあったが、いまひとつ印象が薄くてはっきり覚えていない。

とまあ、こういう調子だったので、雑誌の目次を見て、興味があったので、コピーをした次第。

続きを読む»

江ノ島

enoshima1.jpgenoshima7.jpg
enoshima3.jpgenoshima2.jpgenoshima4.jpgenoshima5.jpgenoshima6.jpg
enoshima8.jpgenoshima9.jpg







江ノ電に乗って

enoden1.jpgenoden3.jpgenoden7.jpg
enoden10.jpgenoden5.jpgenoden6.jpg
enoden2.jpgenoden4.jpgenoden11.jpg
enoden9.jpgenoden8.jpg

鎌倉鶴岡八幡宮

kamakura1.jpgkamakura2.jpgkamakura3.jpgkamakura4.jpgkamakura5.jpg


まあ、ベタだけど、はとざぶろーも買う予定だったので、ついでに八幡宮にでかけました。

続きを読む»

はとさぶろー

hato.jpg
用事があって鎌倉周辺に出かけた。鎌倉で、入手したのが「鳩三郎」。鳩サブレーは別にここでなくても手に入るが、こいつは鎌倉豊島屋本店でないと売っていないので。

同期

「同期入社」とかって、英語で何て言うの?と部長がイギリス人弁護士M氏に聞くと"same intake"とのこと。ふーん、という感じ。



LDOCE(Longman Dictionary Of Contemporary English) onlineでもintakeのところにこういう記載があった。

intake


2 [uncountable and countable] the number of people who join a school, profession etc at a particular time
intake of an intake of around 120 students each year




Cambridge Dictionaries Online のCambridge Advanced Learner's Dictionaryでは


intake (NUMBER OF PEOPLE) noun


[U] the number of people that are accepted at a particular time by an organization, especially a college or university:
The teacher-training college has increased its intake of students by 50% this year.



同じ時期に入る人々の数、ってことは、We are within the same intake of 2007. とか言うのだろうか。気分的にはHe is my same intake of this company.とか言いたいような気がするけど。

銀座にて

ginza1.jpgginza2.jpg
友人と会って昼食を食べたのが東京駅で、別の用事を済ませた後、時間があったので、東京駅から新橋まで散歩した。天気もよかったし、運動不足なのは例によって例の如しなので。

ここにいる理由(わけ)

前の会社の同期で、僕よりも先に辞めて渡米した某氏が帰国するので会いに行く。仕事の用事で帰国しており、飯を食うとしても昼食でも、という話になり、年休も何か用事がないと取らずに終わりそうなので、年休を取って出かける。

アメリカで起業するということを目標に渡米して、実際起業したものの、簡単なわけがなく、起業した内容から今に至るまで、彼が手がけた事業は、それなりの関連性を持ちながらも、様々に変遷して、それでも、それなりに何とかなっているという。なかなかなものだと正直に関心する。

でも、今やっている事業は、日本でのビジネスがメインになっているという。じゃあ何で帰国しないのか、と聞くと、「何よりも俺はアメリカに居たいんだ」とのこと。さらに聞くと、アメリカに自分がいてそのビジネスをしていることは、結果論として、それなりの付加価値が出ているという。

生活の場所を選びつつ、仕事を選ぶ、というのが、羨ましい。僕自身、今回の転職を決断した際には、生活の本拠は日本で、という気持ちが相当あって、今回はたまたま上手く希望を叶えることが出来た。ただ、それもいつまで続くか保証の限りではない。だから、彼のそういう思いに共感する一方で、一抹の不安も感じなくはない。まあ、心配しても始まらないのだが。

ともあれ、同年代がしっかり頑張っているのを見ると、頑張らねば、という気になる。

東京駅

TokyoStn2.jpgTokyoStn.jpgTokyoStn3.jpg

15日に買い物に行ったついでに撮ったのだが、全景を撮る気になれなかった。横に背の高いビルが写るから。どうしても違和感を禁じえない。あれが入らないように撮ろうとしたらこうなった。あのビルのデザインとかの問題ではなく、ああいうものがあること自体、この駅の雰囲気と調和しない(高さからして駄目なのだが)と思うからだ。そろばん勘定はご立派なのだろうが、そういう問題で片付けること自体、何かを履き違えていると思う。この駅にふさわしい扱いを国とか自治体とかがしてこなかったのは問題だが、だから何をしてもいいという意見に与したくはない。

続きを読む»

新宿御苑

gyoen1.jpggyoen2.jpggyoen3.jpg

3連休はどこにも行かなかったが、2日目は、あまりに天気が良かったので、やるつもりだった仕事を放り出して(それは次の日にやったのだが)新宿御苑に出かけた。

東京には珍しく空が広いし、天気も良かったのですごく気持ちがよかった。シンプルにお握りとお茶だけを買って入って、食べて、あとはボーっとしつつも、中を散歩して帰ってきただけだが、猛暑が一段落したこともあって、過ごしやすく、いい休日を満喫したという感じだった(帰ってきて残された手付かずの書類を見て、現実に引き戻されたわけだが)。

W-ZERO3[es]使用上役に立つページ?

もともと反応が遅かった(Windows系のOSなんぞ使うからに違いない)W-ZERO3[es](WS007SH)だが、いきなりタッチパネルが使えなくなった。それでも電話は使えるし、webも見られなくはないが、何かと不便。分厚いマニュアルを見る気にならない。

で、webで探してみた。本家ではよくわからず、w-zero3.org を見て、ハードウェアリセット(バッテリーを抜いて、リセットボタンを押す)をしたら解決した。

さらに、気がつくと待ち受け画面の右上の時刻表示がデジタルからアナログに切り替わっていた点についても解決した。時計の辺りを長めに押すと切り替えメニューが出る。腕に時計があるのが嫌いでphsを時計兼用としているので、小さくてアバウトすぎるアナログ表示は不便で、こちらも解決して助かった。

(自分用のメモ)新世代知的財産法政策学の国際拠点形成


新世代知的財産法政策学の国際拠点形成

中にweb講義で田村先生の講義が見られたりするのだが、firefoxではうまく見られないのが、いまいちか。特殊講義の方も面白そうな感じはするが、そもそも基本的なことを知らないので、なんともはや。

神保町

jinboutyou3.jpgjinboutyou4.jpgjinboutyou5.jpg
jinboutyou8.jpgjinboutyou7.jpg
jinboutyou10.jpgjinboutyou9.jpg
また神保町ですいません。天気がよかったので。





何、風速40m?

いやあ、台風です。
仕事は早めに切り上げて何とか無事に帰宅しました。
続々と電車が運休になっているし。

フレックス勤務なので、明日は様子を見ながら出勤です。こんなところでフレックスのメリットを実感するというのは如何なものかという気がしますが。

高い所から

tsukijiview1.jpgtsukijiviewnight.jpgtsukijiview2.jpg

泊まったホテルの窓から。

続いてヒルズの展望台から。


hillsview1.jpg hillsview1.jpg hillsview1.jpg hillsview1.jpg hillsview1.jpg hillsview1.jpg

いずれにしても天候がいまひとつで残念。

新国立美術館

nationalmuseum_sign.jpg

六本木ヒルズに行った「ついで」に、展望台から見えた新国立美術館とやらも見に行ってみることにした。

近い割には道が分かりやすくない。だからだろうか、やたらに案内のハリガミがあったりした。途中公式の案内がないから、知らない人には分かりにくい。

続きを読む»

ル・コルビジェ展を見る

mori.jpg
日本で一番高い所にある(らしい)美術館に行ってきた。
天井が高く、広い空間があるのが、良い。このあたりはビルのオーナー企業がやっている美術館ならでは、ということなんだろう。

続きを読む»

築地で寿司を食う

tsukijimarket.jpg
今回の休みは、「築地でうまい寿司を食う」ということで、朝から寿司を食うことにした。タクシーとかを飛ばして行くようなパワーはないので、軟弱に近所のホテルに泊まることにした。


 という辺りを見て店の辺りをつけた。 行った寿司屋がどこかは上の写真を見れば分かるかもしれない。 寿司はすごくおいしかったし、店の感じも良かったが、いただけないのが、人がひっきりなしに行き交う状況下で邪魔になっている連中と、寿司屋で値段が高いとごねていたらしい外国人。後者については、英語の壁のせいもあって、店の人も諦めていた様子。状況が見えなかったので介入できず残念。

遅めの夏休み

Iamhungry.jpg

遅めの夏休みということで、木曜日から4連休。
個別の話は別途エントリするけど。いくつか写真だけ

続きを読む»

マイナスで戻り

前に書いたが、Starhub(シンガポールのケーブルTVとかの業者)からのデポジットの返金があった。クレジットカードの明細を見たら、日本円でマイナスの入金があったので、明細をよく見ると、シンガポールドルで返金があったとの記載。S$1=JPY81.5で換算されている。細かく計算していないが為替差益が出た模様。差益はともあれ、きちんと入金されるとは思っていなかったので、ちょっと嬉しい。
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。