FC2ブログ

「M&A時代 企業価値のホントの考え方」

ちょうさんの共著。コーポレートファイナンスとかM&Aとか仕事のうえではあまり縁がないけど、ちょうさんのブログは面白いので買って見た。

なにより読みやすい。投資銀行経験者ならではの視点(IRの経営戦略への反映のさせ方とか)など、なるほどと思うこともあった。

ただ、正統的なファイナンスの考え方に立脚しているのは当然としても、投資家が全員この考え方に則らなければならないという感じの論調が時折見受けられたのには違和感を覚えた。機関投資家がその考え方で動くのは当然にしても、個人投資家については、別にそれと異なる考え方で投資をしても何ら問題ないはずだと思う。そういう意味ではちょっと勇み足かなという気がした。所有に伴う自己満足とかから投資をしてもいいはずだしね。

それと、この本で感覚的な理解は進むとしても、理論的に理解(僕自身あまり理解しているとは思えないのに、こういう言い方をするのは不適当だろうが)するための橋渡しとして、この本の後のステップへの簡単な読書案内はあってもいいかもしれない。

あとは、時事ネタについての対応も含め、こまめに手直しをし続けることで、長く読み継がれて欲しいと思う。
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク