スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Practice Exam/Barbri

MBEの時間の使い方の確認を兼ねて表題の模擬試験を、当日の時間帯に合わせて(シンガポール時間だけど)解いてみた。

出来が悪い。

ここまで来て隠しても仕方ないが111点。敗色濃厚としか言いようがない。祈念受験(IMEはこういう変換をしてくれる:実体に即しているような気がするが)ということになりそうな予感が特濃。

さて。

悪いのは悪いなりに分析すると、読み飛ばしすぎが一つ原因。
慌てる必要はないのだが、不安なのでどうしてもそうしがちな傾向にある。全部の選択肢を落ち着いて読まないといけないのだが、決めうちしすぎ。結果が出ていればいいのだが、そうでもないところに問題あり。落ち着いてすべての肢を読んで答えを決めないといけない。

ともあれ、いずれにしても受けに行く以上、もっとじたばたしよう。
スポンサーサイト

買ってはいけないat Singapore?

yasumono.jpg


体重計が壊れたので買いに行った。行ったのはカルフール。
先日Ikeaで買った一番安かった時計がきちんと動いているので、同様に一番安いアナログのものを買ってみた。


…。

0に合わせて、乗って、降りるとゼロに戻らない。

何もしないで3分後に乗ると体重が2kg違う…。

買ってはいけません。

ネタにしかなりません。

以上。

NYMC

NY州部分の択一の問題集を一通りこなし終わった。250問程度あって、半分くらいを一日で解いた。BarBriの黄色いテキスト(NewYork用)に載っているものは一通り解いたけど、ご利益のほどは不明。

この4日ほどは中国正月で休み。初日はPMBRの赤本の残りを解いて、本日はNYMCの残りを解いた。明日はMPTの解答の仕方を見るのと(練習する時間はなさそう)荷造りと、旅の準備(東京での宿を取っていないので)をして、あさってはもう一度MBEのタイムトライアルをしようと思う。

実は仕事も一部持って帰ってきているので合間合間にやっている。会社に行くよりはましかと思われる。

デジカメが壊れた/壊した

肩からかけていたかばんに入れていたデジカメが、入れ方が悪くて大理石風の床に頭から?落ちた。落ち方から見て即死というやつか。

ボストンで展示品で買った奴で、必ずしも使い勝手はよくなかったが、今までよく働いてくれたので感謝しつつ冥福を祈る?ことにする。

2周

PMBRの赤本の2週目終了。それほど正解率が向上しなかった。一番悪いのがCrimProで46%、良くてもCriminalとEvidenceで55%。エッセイを半ば放置してこの程度の正解率と云うのは情けなくもある。こんな調子で行っても大丈夫かという気がするが、それでも行くしかない(休みも取れそうだし)。後はNY部分をやるのと、MBEはBarbriのreleased questionsをしようかなと思う。

受験票入手

ようやくできました。
faxを送ったのですが、今二つくらい不安なので電話をした。

念のために、電話する前に試すと出てこない。

で、電話をする。
しばらく待った挙句につながる。
待っている間にも、待ち受け音声が「受験票上でエラーが出た人がいるかもしれないがシステムのエラーなので、もう一度打ち出して欲しい」というようなことを言っている。既に何があってもおかしくないという予感が濃厚。

つながって用件を言うとしばらく待たされる。

つながって曰く、いいからもう一度指示通りにやってみろと言う。

半信半疑でやったら...出てきた。

裏で今何とかしただろ、と小一時間問い詰めたい衝動に駆られたがまあいいとしよう。

と、いうわけでメデタクNYCで受験です。
ジャビットセンターと云うとオレンジ色のウサギのようなものが脳裏をよぎるが気にしないことにしよう。

受験までにRPGを一つクリアする感じでしょうか。困ったものです。

The Long and Winding Road?

昨日の祝日攻撃(リンカーンの誕生日とのこと)に懲りたので、faxで問い合わせてみることにする。

次のような文案で送ってみた。



Dear Board of Law Examiners

My name is *****, BOLE ID *****. I am planning to take this February exam from Singapore where I am now working and I am writing this letter to confirm my seating ticket that I can not get through the webiste now.

There are a couple of reasons that I think that my documents showing my eligibility had been propery received as follows;

(1) I had received an e-mail from the Executive Director regarding accomodation to my request for change of test center(I attached the hard copy of the email hereto for your easy reference). It is not for applicants who neither reside nor are employed in NY to sending such an email since it is written in your website that ALL NON-RESIDENTS WHO ARE NOT EMPLOYED FULL-TIME IN NEW YORK AT THE TIME OF APPLICATION WILL BE ASSIGNED TO TAKE THE BAR EXAMINATION IN ALBANY. I wrote this request no other application document than my cover letter to my application packet. Therefore, only receving my packet would make it possible and reasonable for you to send such the email in question.

(2) On January 4, 2007, I made a call to the Board to confirm my situation. The lady, Ms. Heather answered and told me that my packet was propery received, though on the application receipt lookup, some system error prevent me from confirming the receipt.

Until now, no further email has come to let me know regaring errors in my application packet, if any. I made several calls in January to confirm whether there is anything wrong. All I have been told after long waiting time is that all I have to do is wait for any email comming which never comes to me.

In conclusion, I think that it is very reasonable to think that I am eligible to take my seating ticket and this February exam. I would be really appreciate if you arrange to enable me to take the seating ticket and the exam.

Very Truly Yours,



もはやネタでしかない感じ…

Seat Lookup

ようやく本試験の受験票がダウンロード可能になった…はずだが、予想通り一筋縄では行かない。
そもそも結局のところweb上での書類到着は確認できるようになっていない。ただ、前にも書いたように書類が届いていないと生じていないような事態が生じているし、電話で聞いても書類は届いているということだったし、特に問い合わせのメールも来ていない。よって、書類不備はないはず、受験会場を確認させて欲しい…ということを言おうと電話したら…

祝日

とのことだった。勘弁してくれ。

シンガポールの労働法関連の日本語資料

自分用のメモ
シンガポールの労働法関連の日本語の資料が載っているサイトを見つけた。雇用法、労働者補償法等の和訳と労働統計とか載っている。
日本語の読めないスリランカ人のローカルスタッフに、労働安全衛生法の和訳がここにあると教わって見つけたというのが微妙なところだが…

http://www.jicosh.gr.jp/japanese/country/singapore/index.html

歌が足りない?

何だか集中力が途切れがちで、ペースも落ち気味だったが、景気づけ?に3枚CDを入手した。聴いている場合ではないというのが正直なところだが、全部とはいかないものの少しづつ聴いて元気が出た。

1. Re-cool Reflections/寺尾聡
2. Introducing Cross Your Fingers vol.2/佐藤竹善ほか
3. ララバイSINGER/中島みゆき

1.はオリジナルをリアルタイムで聴いていたので懐かしくなって買ってみた。Avexから出ているからか(偏見かな?)、企画としての面白さは評価するけど、それ以上のものは中々感じにくい。Avexのえらいさん?の解説と云うか何というかは、この程度のコトバしか出てこないなら書かない方がいいように思う。
オリジナルにあった翳りが消えてしまった感じがするが、まあこれはこれでいいか。無用に明るい音になっている気もするが、その一方で、よい意味で肩の力が入らず楽しげに聴こえるし。
(2007/03/25追記:オリジナルが「必殺仕事人」の夜の暗さだとすると、今回のものは「ハートカクテル」の夜の明るさという感じがしている。)

2.はお約束という感じで買ってみた。詳細はまた気が向いたら。

3.NHK紅白でTokioの宙船を聴いて、みゆきさん自身の歌で聴きたくなったので。ボーカルがTokioよりもハードになっているように聴こえる。歌詞に色々考えてしまうが、まあ、それはお約束と云うことで…
とりあえず日本で景気付けする際には歌ってみよう(そこかよ、オチは>自分)

いずれにしても何となく、元気が出た。やはり僕にとっては歌は重要と云うことで。

Rydeen/来るべき世界

これまたKarg氏から。RydeenのSelf coverがCMソングとのこと。
Rydeenのカバーというと、個人的には、来るべき世界/空手バカボンは外せない。
空手バカボンは、大学で入ったサークルで当時M1の方々が4人?でコント?も含めてLP一枚分を自力で再現するという、芸を見せ付けられて、「洗脳」されたのでした。あまりの芸の強烈さに参りました。
#ついでに見つけた非公式空手バカボンwebsite 空手チョップをもう一度は濃くてよい。

この曲は先日空手バカボンのベストが出た際には版権の関係で収録できなかった模様。
インディーズで出たベストには入っていたのだが、同僚に貸したら戻ってこなかった...無念。

どんな曲かというと歌詞を含めて載せているサイトを参照

空手バカボンの代表曲と言っても過言ではない。YMOの「ライディーン」に適当な、いやテキトーな歌詞を乗せて熱唱。人民服、ボイスコーダー、リズムボックス、シンセドラム、シークェンサー等、時代を偲ばせるフレーズ(や表記)が満載。
「当時YMOが何百万円のセットを使ってやってることを、安易にエレクトーン一台でやっちゃえっていうもくろみ(内田のコメントより)」をそのまま具現化した一曲。



確かにそのとおり。

今回せっかくカバーをやるから、洒落で、「来るべき世界」もやってくれないかな…。あの方々なら乗ってくれそうな気もするのだが…。版権は面倒そうだけど。

Apple to Apple

http://www.apple.com/pr/library/2007/02/05apple.html


ようやくまとまったようで。どちらのファンでもあるので、コメントしにくいが、これでThe Beatlesの楽曲のネット上での配信への道が開かれたのだろう。情報をくれたKargさんありがとうございます。


ネット上で気軽に聴けるようになるのは悪いことではなく、寧ろ歓迎すべきことのはずだが、そんな簡単に片付けていいのかという気がする。うまくいえないが。

途中経過の続き

とりあえず平日はMBEを一日25問、エッセイの内容検討を一日2問程度やるペースで概ね来ている。休日はもっと進むこともあるが、休養もするので大してはかどらないこともある。とりあえずPMBRの赤本の2周目は終わりそう。量をこなせばいいというわけではないにしても、おそらく、2周まわしたという実感があったほうがいいのではないかと考えている。急いで解いて正解率が上がらないのも困るのだが。ここしばらくは正解率が宜しくない。まあ、難しい部分を解いているからだと思うことにしよう。理解があやふやだから間違えるのだが。


肝心の?試験会場については今週分かるだろう。場合によっては色々と交渉が必要になるだろう。ありとあらゆる意味で無事にNYCで受けられることを願うのみ。

カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。