スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家電製品

生活立ち上げ過程で色々買い物をしています。先週はSim Lim Squareというところでルーターとか固定電話の電話機を買いました。ここは、日本でいうところの秋葉原という感じでしょうか。いかにもという感じで血中ヲタク濃度の高そうな人々が一杯いました。


ここにはいわゆる家電製品がすくなかったので、今度はその近くのTekka MallのSheng Sing Hypermartというところに行ってみました。ここは地元の人が来るようなところで、いきなり中国語とかで普通に話しかけられます。それが通じないと分かると英語というかシングリッシュで話しかけられます。ものの値段は安いのですが、よく分からない謎のメーカーのものが多く、信頼してよいのか不安を禁じえません。ここで湯沸しポットとオーブントースターを買ったのですが、家電コーナーのカウンターで通電テストをしてくれたのには驚きました。テストしないといけないような品質のようです。隣ではドライヤーの通電テストをしていましたし。


今回買ったものはなくても最悪何とかなるようなものばかりなので、大きな問題にはならないと思います。そういうものについては、こういうところでギャンブルがてら買ってみるのも面白いのかもしれません(自分で書いていても自信がないですが)。うまくいけば費用は安くなりますし、うまく行かなくても話のネタにはなるでしょうから。

スポンサーサイト

018

018とだけ書いても訳が分かりませんが、starhubの回線から国際電話をかけるときにつける番号です。018+国番号…という感じです。これが分からなくて、カスタマーサービスに電話したけどつながらなくて大変でした。誰かの役に立つかもしれないのでメモ。

つながった

ようやく家でのネット環境がつながりました。wireless routerを有線で使うような状況ですが、まずは線がつながって何より。同時に固定電話とかケーブルテレビでNHKが見えるようになったけどそんなことよりやはりネットがつながったのが嬉しい。大半のことがネットでできるようになった分、やはりないと困るということを痛感した。ここからwirelessでも使えるようにとかしないといけないけどそれは週末ということで。

受験者の皆様頑張ってください

と受験できない僕に言われたくないでしょうが。


一応2月に受験するつもりで、MBE科目について所謂ミシガンノートを一読したのち、BarbrIのIntroductoryを一通り解いて、次にIntermidiateを解き始めたところです。こんなペースで間に合うかどうか分かりませんが。


やはり一度はtryしないと自分にオトシマエが着かないような気がする(変な言い方ですが)ので、何とか受けたいのですが…。


ともあれ、受けられる皆様におかれましては、ぜひとも悔いのないように頑張ってくださいませ。


 

net環境の手配

ケーブルテレビとインターネット環境、それから固定電話をStarhubという会社に申し込む。従前店頭で申し込みをしようとしたら新居に落ち着いてからと言われたが、電話で申し込んだら、住所を聞かれただけで、住所さえ確定していれば入居前だろうと申し込み自体は出来そうな感じだった。


費用も高いのでADSLの一番安いのと、ケーブルは基本の組み合わせ+NHK衛星にした。どうせNHK衛星くらいしか見ないだろうし。


ネット環境が手元にないのが一番不便ということを実感しているので、これで何とかなってくれることを希望。


申し込んでから指摘されたが、古いマンションとかではネット環境に対応していないらしい。マネージメントに確認したら、僕のところは問題がなかったが。

いまさらながらPutnam

散々けなしたような気がするので、良かった点も書いておくほうがfairでしょう。


ボストンで家具をレンタルしていた業者から、デポジットが返却されました。日ごろ見聞きしていた事務処理能力からすれば驚愕の事実、とまでは行かないまでにしても、ちょっとびっくり。


しかも、宛先は住んでいたアパート宛で、それが日本の実家にきちんと転送されているわけで、こちらも含めてきちんと行われたのは、ちょっと驚きました。


問題はUSD120程度の小切手をどうやって換金するか、です。普通にやると手数料が高いのでどうしようかと。

入居

ようやく正式な新居に入居した(前のところの片づけが残っているけど)。ガスと水道と電気は使えるので生活はできる。肝心のネットの手続きが終わっていないのが問題。


と思ったら、アパートのある建物の1階に24時間営業のネットカフェがある。今そこからエントリーを書いているけど日本語が使える端末がある。めでたい。


鍵の引渡しの関係で午後から早退して、鍵の引渡しと中をチェックして、不具合を点検。洗濯機の上に積み上げた乾燥機が今ひとつ安定していないとか、シャワーヘッドから少し水漏れがするとか、遮光カーテンに少し汚れがあるとか、細かいことでも気になることは記録しておく。後でトラブルが生じないようにするため。どの程度役に立つかは疑問だが。とりあえずは1ヵ月後に点検があって、それまでに判明した不具合はその時点で貸主側が対処することになるようだ。


なにより取り替えるはずの家具の大半が来ていないのが問題(ベッドは取り替えないので暮らせなくはないが)。


仮から本式になったので、トイレットペーパーとか水とかかさばるものをいくつか買い込んだ。

シンガポール法についてのリンク

たまには海外法務らしいことを書こうかな、と思ったが、偉そうなことは言えないので、いくつかリンクを貼っておく



http://www.singaporelaw.com.sg/
ここから主だった分野についてのoverviewとか判例の紹介が辿れる。リンクのところも主だったところは網羅しているようだ。the Singapore Academy of Law とthe Ministry of Lawが始めたサイトとのこと。


http://statutes.agc.gov.sg/
ここで法律は見られる。法律の下の細かいregulationとかまで見えないのが難点(有料なようだ)。


http://app.supremecourt.gov.sg/
最高裁のページ。最近の判例については情報があるようだ。


そうそうこちらで暮らす日本人にとっては次のところも重要だろう。
http://www.sg.emb-japan.go.jp/Japanese/SINLAWS.HTM
日本よりは色々と規制が厳しい国らしいので。

携帯電話

漸くプリペイドではない携帯電話を入手。
こちらでもいくつか会社はあるが、ケーブルテレビとかと一式込で契約できないかと思って、Starhubに行く。アパートは概ね決まっているものの、サインした書類はないというと、携帯電話以外は書類にサインしてからと言われる。結局携帯のみを入手。周囲の他の人々はSingTelなので、通話料金、特に国際電話をかけたときがどうなるか若干不安(国内は無料通話分があるので、おそらくその範囲で何とかなりそう)。
i-mode付きを入手したが、いじってみたが、おそらくそれほど使わないと思われる。

健康診断

何だか知らないが、無料の健康診断があるというので、出かけてみた。英語で健康診断を受けるって大丈夫か?と着いてから思ったが。


所詮タダなので、身長・体重・体脂肪率(市販の簡単な計測器で測っただけ)・血糖値・コレステロール値を計る程度。勤務先での検診は別途あるけど、留学からの帰国時に検診をしなかったので、とりあえずの速報、という感じで状況を把握できたのはえらいという感じ。


結果については、体重とかについては、留学前から大きく変わらず、相変わらず運動不足というところ。驚いたのはコレステロール値が今まで見たこともないような値だった。別に今のところは正常値だが、それでも驚く。何故だろうと思って、隣の席で仕事をしている同僚に聞いたら、一日一食以上中華を食べてるからですよという答え。そうかもしれない。油こてこてだもんね。気をつけよう。

銀行口座を開いた+その他

前に書いたように、パスポートとEmploymentPassと最初に預けるS$500を持って近所のPOSBに出かけて口座を開いた。上記のものが揃っていればすぐできる。一日の平均残高がS$500を切ると月S$2チャージされるというのがいただけないが、これは諦めて使うしかない。


うちも決まった(ペーパーワークが残っているが、会社名義で借りるのでそれは社内の総務の方でやってくれる)。ただ、家具つきで借りる契約でいくつかの家具について取替えを要望した。取り替える家具については先方がカタログ等をこちらに示してその中でこちらが選ぶというのだが、それが送られてこない。困ったもんだ。


水道とかガスとか電気を引く手続きは会社の総務がやってくれた。入居時には使えるようになるようだ。既についている家具のうちベッドはそのまま使うことにしたので、入居の時点で最低限の生活ができるようになるはず(はず、というところが痛い)。


最後に残ったのはネットと電話とTV。これも何とかしないと。ネットがないのが不便で仕方ないし。


 

現状報告

気がついたら7月です。困ったもんです。


ようやくビザというかEmploymentPassなるものが入手できました。
これがないと銀行口座も作れないし、プリペイドではない携帯電話も買えないということらしい。


まずは銀行口座を月曜日に作るところから。
基本的にはパスポート、Employment Passとそれから最初に入れるお金があればいいらしい。ただ、銀行によって最初に入れないといけない額が違うので注意が必要。今日は出勤日でパスポートを家に忘れて手続きはできなかったが、会社の近くの銀行2軒で聞いたら、POSB(最大手のDBSと合併したらしい)ではS$500とのことだったが、OCBC(会社のあるビルにATMがある)ではS$1000要ると言われた。S$1000用意するのは手間なのでPOSBにしようかと思う。一定の残高が維持できないと手数料を取られるとかあるが、そもそもシンガポールドルをあまり持たないつもりなので、それは課せられるという前提で考えておくべきかもしれない(利率が日本よりもいいので、こちらに資金を移して多少でも利息を稼ぐという手もあるかもしれないが)。


電話については、会社で電話機を借りてプリペイドのものが使えるようにはなった。これは最初にICチップのカードを買って(買う時にパスポートの提示を求められた)、それを電話機に差し込んでそれから使うというもの。やはり電話機すら持っていないと手も足も出ない感じ。


まあ、本当はネット環境が自由に使えないのが一番痛いのだが、これは住むところを決めてからということになる。こちらも近日中には決まる見込み。

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。