スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cruise

卒業というか修了記念行事の一環でハーバークルーズなるものがあった。海から見るボストンの夜景とかどうなんだろうとおもったが…曇りだったのもあって…



なんだかしょぼかった(腕がいまいちなのもあるが)

続きを読む»

スポンサーサイト

第三国移動なので…。

結構面倒。一旦日本に帰るけど、出社は1日のみであと休暇ということにさせてもらって、滞在は1週間余で渡航。いろいろとばたばたしそうなので、ご挨拶関係は殆どできません。お許しを(>関係各位)。


まずは引越し荷物の扱いから。こちらと季節感が異なるので、冬物は持っていっても役に立たないばかりかダメになりそう。そういうものは東京でトランクルームに入れてもらうことにする。結果、荷物は赴任先の国に送る分と東京送りにする分と出てくる。これらにつき、会社からの指示でこちらにいる日系業者に依頼して相見積を取る。東京に送る分はA社の方が安く、赴任先国に送る分はB社の方が安い。合計はB社の方が安い。ついでにいうと、こちらに来る前の荷物でトランクルーム預かりになっている分もあって、それはB社に預けている。そんなこんなを考えると全社ベースではB社にすべきかなと思うが、東京送付分は全社人事負担、赴任先国に送る分は海外部門負担という扱いなので、何も考えずに見積もりを送ると全社人事はA社に、といいそうな気がした。そんなわけで、メールと電話(こっちにきて初めて国際電話で会社に電話した)で、海外部門の人事の役職者の人に調整をお願いする。これはスムースに済んで、とにかく引越し業者は決まった。これで、成田から赴任先に発つまではクリアになりそう(成田から赴任先国までのチケットは手配中だけど)。


日本にいま預けている荷物をどうするか、というのが次の論点。全部出す必要はないけど夏物のスーツくらいは出したいと思う。


今日はLLM仲間のKさんの車に乗せてもらってアウトレットモールまで買い物。モールなんて初めて行ったけど、でかい。とりあえずくたびれてきたシャツとジーンズとズボンが買えてめでたい。これで痛んでいたものを安心して捨てられる。Kさんありがとうございました。

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。