スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCとかについてのアドバイス

このblogを読んでいる方から、持って来るPCとかについて質問をいただいた。知る範囲で御返事をしたのですが、他の人にも参考になるかもしれないので、適宜文体等を編集して貼っておく。当然のことながら、僕のこちらの学校での経験及び独断と偏見に基づくものなので、他の場所に行く人に参考になるかどうかは不明。ご意見のある方はコメント等でお知らせいただけるとありがたいです。


PCについては、A4よりはB5の方が便利。トータルの重さと体積(教科書にしても資料にしてもアメリカンサイズで大きくて重い)が違いますから。


授業のノートはPCで取ったほうがいいです。最初は大変でしょうが慣れると思います(僕はあまり上達しませんでしたが、一緒にいた日本人弁護士の方は最初からPCで取られていて、最終的にはかなりしっかりとしたノートを取られていました。)
何より直前の時に手書きを整理するよりは遥かに効率的です。
(どのみち他の人の作ったアウトラインを読むという説もありますが)


PCにあるべき機能としてはまずは無線LANです。ロースクール館内は通じる(場所によって時々途切れますが)ので。慣れると快適なのでお勧め。
無線lanのカードをスロットに突っ込むのも良いですがスロットが塞がるので内蔵の方がよいのではないかと思います。


ソフトについてはOfficeものはいりますが、ソフトだけこっちでアカデミックディスカウントで買うのも手かもしれません。不安であればopen officeを入れておくのも手でしょう。MS Office互換で無料です。互換性が100%かどうかはよく知りませんが、授業のファイルを見るだけなら問題はないと思われます。
(僕はMSオフィスを買って持ってきたので詳しいことは分かりませんが)
http://ja.openoffice.org/


上記のどの手をとるにしてもパワーポイントは必要だと思います。
授業の資料をパワーポイントで配布する教授もいるので見えないと話になりません。
(CorporationsのProf.Walkerとか)。


なおサマースクールのcelopではPCを使ってのプレゼンはありませんでした。
(そういう設備が無かったからという説があります)


それと、深刻なPCトラブルに遭遇する可能性もあるので、windowsの日本語版のCD-ROMは入手して来られたほうがいいと思います。
最近はPCを買ってもついていないくて別売りのようですが、本当に必要になった場合を考えて保険の意味で買ってこられたほうが安全です。


それから、PCが壊れたりデータだけ壊れたときに備えてこまめにバックアップが取れるよう、外付けハードディスクとかも用意されると良いと思います。
予備のPCがある方がいいかもしれません
(僕は来る前に新しいのを買ったのですが、予備で前のものを持って来ました)。


あと電子辞書はあると便利ですが、試験の際は電子機器は持ち込めません。
closedの試験でも紙の語学の辞書は持ち込み可能です。
少なくとも、紙の英和・和英の辞書と紙の英米法辞典は必須でしょう。
(通常は普通の辞書にしても英米法辞典にしてもハードディスクにいれて検索した方が授業中とかに検索できて便利です。
検索ソフトでjammingというのがあって、これを使うと複数の辞書を一気に検索することが出来ます。僕は電子辞書よりこちらを愛用しています。
http://dicwizard.jp/jamming.html)

スポンサーサイト

Department of Entertainment

こちらの学校のAmerican Law のLL.M.には、Department of Entertainmentなる謎の組織がある。昨夜もこの組織主催の宴会に出かけてきた。


この組織の構成員は2名。台湾人のYとC。


この2人、勉強よりは留学生活を満喫することに情熱の大半を注いでいるように見受けられて、これはこれで面白い。Y自身は、自分は台湾人のdiversityを体現していると言っていた。確かにそのとおり。Propertyの授業の時間に料理の予習をしていたし。


2人の企画には中国正月ディナー、花見(但し桜の開花が遅れて桜はなく、まさしく「花より団子」状態だった)、今回の学年末試験終了記念等、タイミングにしても内容にしても秀逸なものが多い。また、毎回毎回素晴しい料理を用意してくれて、これが企画に更なる彩を与えてくれる。その結果、非常に楽しい時間を過ごすことが出来るというわけだ。おかげで、ややもすると日本人で固まりがちなのが打破されて実にめでたい。


結局のところ、時間に関する感覚の開きが大きく、ヨーロッパ人とか南米人との社交に勤しむのは身体的にきつい感じがしたが、こういう「ご近所」の地域の方々と楽しいひと時を過ごせたのは、良かったのではないかと思う(まだいくつか企画もあるようだが)。

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。