スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Property勉強中

残る試験はpropertyということで勉強中。


科目自体も変だが、教えている教授も怪しげ。挙動は不審。見るからにnerd(最終回にはJDからスタートレックのDVDとかもらって喜んでいたらしい。さもありなん)。ウエストポーチを離さない(中に持病の薬が入っているからということらしい。それと携帯電話が入っているようだ)。


何も考えずに授業をすると偉く退屈なものになるということでギャグを織り込んでJDにはそれなりに受けているようだが、LLMには何のことやらさっぱり分からない。授業自体はそれなりにorganizseされているようだが、個人的にはどうも相性が悪くて結局授業は2月以降は出なかった。精神的に不調(春学期はずっと不調だったが、その中でも特に)なときに癇に障ったので、それ以来出なかった。ソクラテスメソッドでなく、一方的に話すだけだし、学生が覚えられないという理由でseating chartも使わないくらいだから、出なくても何とかなると思うことにした。


幸い去年同じ講義を取った同僚が集めた過去ノートがあり、それを見ながら授業を受けていたほかの日本人の方々によれば、大きく変わったところはないということなので、それと市販のoutlineで何とか乗り切るつもり。仕事の内容に関係するので(特にreal property)それほどつまらないということはないものの、訳が分からないので大変という感じ。


既に試験時の注意事項として5ページに及ぶ文書が教授から送られてきている。法域によって色々バリエーションとかあるので、その辺についての扱い方とか、試験範囲(というか除外範囲)とか、配点とか書いてあるが、その中に、問題文の固有名詞と脚注でギャグをかますがそこは気にしないようにと書いてある。そんなことしなくていいから、まともな問題を出せと突っ込みたいが、趣味のようなので仕方がないようだ。

スポンサーサイト

M&A試験終了

終わりました。M&A。懸念していた無線LANも支障なく使えて、registeror's officeに問題を返しに行った際にファイルが受け取れたという確認も取れたので。


回答をどのようなファイル形式で送るべきかについて特段の指定もなかったので、MSwordで作って送りました。指定がないからということで、手書きの答案をスキャナーでpdfにして送るとか、手書き答案をデジカメで接写してjpegで送るとかいう手も考えたのですが、そんな面倒なことをしている暇はないという分かり易い事実の前に断念。つまらん。


一応建前では回答者が誰であるか特定できないようにするルールなので、ファイル上には名前が出ないようにして、MSword(2003)でも「オプション」→「セキュリティ」のところで「保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する」にチェックを入れてみた。回答送信時にBccで自分宛に送った分で届いたものを見る限りはきちんと削除されているようだ。ここまで気を使う必要はおそらくないだろうけど。


残すところあと1つ。Property。面妖な科目ではあるが、1L科目で過去問等の情報もあるので、対策は立てやすいのではないか(立てた対策を実際にするのが重要なのだが)。あと少しなのでがんばろう。


 

繋がる?

今日はM&Aの試験です。結局昨日は消耗していたのであまり勉強も出来ていません。open-bookだから何とかなることを希望して、とりあえず手近にある役に立ちそうな書籍を全部(おいおい)持ってきました。


今日も図書館は混んでいるのですが、2階の一番奥の「いつものスペース」で試験を受けることに。隅なのであまり人に邪魔されないのはいいのですが、時として無線LANが通じにくいというのが問題です。試験の答案が無事に届くといいのですが。


ということを書いて、後は試験を受けます。それでは。

黄色い粉

試験が終わって、結局その後勉強する気になれず(そして今に至る…)、学校でうだうだした後帰ってみると上空にヘリ。うるさい。何かあった?


ニュースを見ると…!?


ラスベガスに2月旅行に行った際になくした荷物が数日後に返ってきて(この時点で凄い)、今日バックパックを開けたら、アラビア文字のようなものが書いてある封筒があって、中に黄色い粉。で、かゆくなって呼吸困難になって通報。消防とか警察が出て、大騒ぎだったらしい。


場所はアパートの目と鼻の先。もう少し早く帰ってきたら、もっと大騒ぎだったようだ。


それにしても、黄色い粉でかゆくなって呼吸困難っていうと…時期的に見てスギ花粉(ちょっと遅いか)?さすがにカレー粉アレルギーとかいうことはないだろうなあ。そういえば、大学のサークルのある先輩(地理学専攻)は、カレーが大嫌いで、インドに行こうと誘われたときに「インドの空気はカレー粉で黄色いからイヤだ」とわけのわからないことを言ったとか言わないとか…。


 


 

Corporate Finance 試験

終わりました。疲れました。valuationの問題で、終了10分前とかにWACCの計算ミスを発見して、一応直したのですが、あっていたのかどうか不安。とはいえ、計算ミスをするだろうという想定の下、長々と計算時の想定等について説明を加えたので、失点は最小限になるといいな(希望的観測)。


関数電卓のボタンが押しにくくて、操作ミスしたのが原因。結局最初から最後まで関数電卓に悩まされました。


LLMで試験を今日受けていた人が異常にすくなかったような気がするが、それはきっと重なっている他の試験の方を優先した人が多かったのだろう。


明日は今日受けられなかったM&Aの試験。4時間のtake-homeとかいう微妙さ。結局図書館とかで受けるしかなく、メールで出すんだけど、ここのロースクールの建物、無線LANがつながりにくい場所があって困る。つながるときとそうでないときがあるというのは、困ったもんだ。明日はどこで受けようか。

謎の電話

謎の電話。インド人っぽい声。向こうの英語が分からないが、こっちの反応がいまいちだったのでヒンズー語がわかるかと聞いてきたからそうなのだろう。governmentがどーのとか言っているが、よく分からない。いやな予感がしつつも一応聞くと、アメリカ政府から金を振り込むから銀行口座を教えろとか言っているようだ。鬱陶しいので興味がないと言って叩ききった。銀行口座に金を振り込むというような高等な事務がお前らにできるのかと小一時間問い詰めたい衝動に駆られたが、言葉の壁もあって(試験勉強はどうした>自分)あきらめることにする。


冷静に考えるとホントに政府機関なら情報は持っていても良さそうな気もするが、その一方で情報の共有とかいうこれまた、高等な芸当ができていない可能性も否定できないような気がする。


無駄に疲れた。

うむむ。

ちょーちょーちょーいい感じで増税シュミレーションのフラッシュが紹介されているが、同じフラッシュを貼ろうとしたらうまく行かない。うむむ。


んなことしていないで勉強しろって?....すいません。

リハビリ?

結局スーツを着ないでここまで来たので、ネクタイの結び方を忘れているのではないかという懸念があるので、貼っておく。


http://www.more-tex.com/howto.html


ちゃんと結べるかなあ…。

とりあえず一つ

とりあえず一つIBT(International Business Transacion)終了。


単位が来ないということはないと思うが、いい成績がつくことは間違いなくない、という程度の出来。よく分からんと思って試験場にいくとやはりよく分からん答案しかかけないという"garbage in garbage out"というのを実感した感じ。


答案は10ページ以内が望ましいという教授の言葉があったので、その程度で収まるような問題が出るだろうと思ったら、そうでもなかったようで、12ページ位あるbluebook(答案冊子)の2冊目に突入している人が結構居て驚いた。


諸々のことで準備に精神的な面で集中できなかったのが痛かった。時間が十分あったのに。


まあ、残りを何とか頑張りましょう。


それはさておき、早々と卒業式の貸衣装が着たので着てみた。感動的に間抜けなので写真を貼っておこう(来ている奴が間抜けだからだろう)。

続きを読む»

明日から試験

今日から試験シーズンに突入。僕は明日のInternational Business Transactionから。この科目自体の持つあいまいさもあって、手ごたえが不明なまま試験に臨む見込み。


それはさておき、試験が終わって卒業式までには2週間弱しか時間がない。この間にホントに採点できるのだろうか?と気になった。というのも、近所にはのんきなというかイイカゲンなところもあるようだし。


昨年LLMを出て、visiting studentで残られている方に伺うと、一応何とかなるらしい。3LとLLMは優先的に見るらしい。LLM in American Lawについては、問題がある場合には某ディレクターが連絡してくれるらしい。


そういうことのないようにがんばらないといかんのだが。

Group Work?/Corporate Finance

Corporate Financeの試験は、与えられたM&Aの事例を事前に分析したうえで試験場で問題を解くというもの。データが足りないところを適当に想定をかまして分析するわけで、この想定のかませ方が一つのポイントになるようだ。


この科目、Group workがあると聞いていたが、結局あまり他人と協力する感じが無く(日本人が他にいないところで、ファイナンス用語を英語で話して協力するのが面倒だったからだが)、ここまで来たのだが、ここに来ていきなりGroup Workをしている。


近所に住んでいるアルゼンチン人のSと最終日の授業から帰る電車の中で情報交換をしようと言ったら、気がついたらメールのやり取りの宛先に含まれていて(面子の必然性が見えないがまあいいだろう)、メールで議論する形になっている。これはこれで面白い。何よりメールなので自分のペースで考えることができるのがめでたい。


現在の問題はWACC(資本コスト)の算定。与えられたデータから素直に計算すると、負債コスト(要は利子率)の方が株式の配当率より高いという、ありえない感じの結果になる。倒産リスクの高い株式の方が高いリターンを求めるはずだから、何かがおかしいのだけは間違いない。どう対処するかが問題。利子率の計算がおかしいのか、株式の配当率がおかしいのかどっちかなんだろうが、さてどうするか。


それよりも、最初に試験のあるInternational Business Transactionの勉強をすべきなんだが、これはこれで面白いからまあ、いいか。

Verizonは使えない

自宅の電話とネット環境についてはVerizonを使っているのだが「おいおい」と思う事態があったので、メモ。


昨年こちらの学校に居られたShimさんのS'Noteで携帯の保証金が帰ってこないという記載があってそれを見て、「まあ、その程度だよね」と思っていたら…自分も被害を受けた。


ネット接続にはverizonを使っているのだが、通常のメールのやり取りはso-netのメールアドレスを使っている。今回そのso-netのアドレスからあるverizonのメールアドレスにメールを送ったところ、次のようなエラーメッセージが来た。アドレスについては当然ながら伏字にしている。ついでに問題の箇所を強調した。


   ----- Transcript of session follows -----
... while talking to relay.verizon.net.:
>>> MAIL From:<******@***.so-net.ne.jp> SIZE=358015
<<< 550 Email from your Email Service Provider is currently blocked by Verizon Online's anti-spam system.  The email "sender" or Email Service Provider may visit http://www.verizon.net/whitelist and request removal of the block.
554 5.0.0 Service unavailable


So-netまるごとAnti-Spamではじくってこと?


何があったのか知らないがちょっと凄すぎる対応。でも、まあ、アメリカ人ならこれくらいやりかねないよね、と思える自分がちょっとイヤ。


 

授業が終わった

20日で授業が終わりました。早いもんです。特に感慨はありませんでしたが。強いて言うと最後のCorporate Financeから帰るときに教授から、君はきちんと考えて授業を受けているねと言われたのがちょっと嬉しかった程度です(社交辞令だとは思いますが)。


特に何か確たるものが身についたという感じはしません。勉強したような気になってはいますが、内実がどこまで伴っているのか心許ないです。


英語については進歩した感じはしませんが、英語に対する心理的な障壁が減ったような気がします。だからといって出来なかったことが出来るようになったというのは無いような気がします。強いて言えば英語で文句を言うのがうまくなったような気がします。


ともあれ、後は試験が4つほどあるので、それを何とかすることにします(それ以外に出来ることもないですし、それが一番大事ですが)。

M&A試験について/メモ

自分用のメモ:試験をrescheduleした場合はrescheduleした日の0930-1230に4階のregister officeに問題を取りにいけばよい。回答はメールで送るが、wordの添付ファイル形式で送ればよいとのこと。

企業の「法務部」

今日の午後の2コマで授業は終わりなんですが、今のところ特に感慨もなく(それどころではないという感じの方が強い:試験がありますからね)、それどころか、朝から図書館の「いつものスペース」が取れなくて、どうも気分が乗らないということを口実にしてネットをいつもの如くさまよう始末。こういうときに限ってなるほどというエントリにあうのが味噌というか何というか。


法務の国のろじゃあでのエントリで、詳しくは元のエントリをみていただきたいのですが、コメント欄に次のようにコメントしたように企業の「法務部」というところにも色々ありますし、逆に言えば、同じ機能をしていてもそのセクションにどういう名前がついているかというのは企業によって千差万別のようです。



私のいる会社では、本社法務部でやっているのは法律相談とか係争対応支援(実際の窓口は主に事業部門)や、研修とか全社に関する許認可対応等で、


・契約審査と係争の対応は各事業部門の総務部庶務課とかで対応
(そういうところからの相談に応じるのが本社法務部ですが)
・特許は知財部が別にある。
・総会対応はするけどメインは総務部の株式課
・海外ものは国際法務部が別にある
(僕は本社法務→国際法務部→留学中ですが…)



「企業法務」という言葉で代表されるのは契約審査とか契約交渉とかだとは思うのですが、上記から見ても分かるようにそういうことは「法務部」という名前がつかないところでやっていたりすることもありうるわけです。だから「企業法務」の仕事をしたいと言うだけでは「何をしたいの?」と思ったりしてしまうわけです。


この辺りは、自分の会社の中だけを見ていると分からないことで、他所の会社の人と話をしてみないとよくわからないです。特に転職とかもしないでいると、自分の会社での機能分担・セクションの名前のつけ方が、無意識のうちにも当然になってしまうので。


まあ、こういうことに気がつく機会があっただけでも留学に来る価値は少しはあったと思うのですが…。それ以外にもやはり自分のいる組織から一旦距離を置くというのはそれはそれで自分にとっては意味があるなあとは思うのですが…。


と言っているうちに勉強した方がいいのですが…。

二転三転/M&A

M&Aの講師から朝メールが来た。この期に及んで試験方法を変更するという。LLMだけtake-homeにするという。なぜLLMだけと思っていたら再度メールが。今度はclose bookをopen bookにするという。
closed bookよりは(実際に見ている時間がどこまであるかは別にして)open bookの方が個人的には安心できるような。

冷静に考えると、要は、LLMの手書きの答案はみたくないってこと?

こちらの学校はLLMはPCでの受験が認められない(言語の問題なのか?それともこっちの学校のアドミのITリテラシーの問題か??)ので、それを知った講師がとりあえずtake-homeにして(答案はメールで送るらしい)、でもそれでclosedってのもどうかな、という話になってopen bookになったのか?謎。

いずれにしても詳細が不明(register officeに詳細は聞いてくれと講師からのメールにあったので聞きに行ったら、明日メールで知らせるからそれを見てほしいといわれた)。

乾燥機直る

アパートのランドリーの3台ある乾燥機が全部壊れていたのだが、とりあえず少なくとも1台直った(もう1台も直った模様)。めでたい。

最初に電話をして、その後らちが明かないのでメールを送ったのだが、ようやく直った。メールの中で、こちらの退去後に借りるであろう人々が物色に来る際にはメンテナンスの状況についても正直に説明せざるを得ない、と書いたのが効いたのであろうか。

いちいち何から何まで気にしないと先に進まないのはやはり疲れる。

Reflections

試験前なので当然の如く現実逃避がしたくなるわけです。


でもって、例によってネットをさまよっていると、能路祐子さんのhatena diary経由で寺尾聰が「ルビーの指輪」を歌っているキリンラガーのCMなんてのを見てしまうわけです。いやあ、懐かしい。


Reflectionsが出たとき、寺尾さんが34歳(今の僕よりも若い!)だったってのも信じられませんが、当時11歳の僕がなんでこういう渋めのアルバムを気に入ったのかまったくもってわかりません。ともあれ、叔母がアルバムを買っていたので、カセットテープに録音してもらって何度も聴いていたのを思い出します。そういえば当時シングルで出ていた3枚は買いましたね。「出航」が好きでしたし、その辺りの好みは今も変わりませんが。


今の映像を見ていても、やはりカッコいいですね。もうすぐ60ですか。こういう人にはなれないだろうなあ。もっと偏屈なオヤジになっていそうな予感が濃厚。


暑さ寒さも彼岸まで?

タイトルは思いつきなので意味はない。


試験前ということで例によってロースクールの図書館で勉強していたのですが、寒いのなんの。外は暖かいのに寒いんです。Tシャツの上に一枚シャツを着ているだけでは寒くて、(こんなこともあろうかと)ロッカーに入れていたパーカーを羽織ってました。一昨日は逆に異常に暑くてTシャツ一枚で勉強していたと日本人の某氏。


ここ(特に2階?)の空調は日本人にとっては鬼畜です。次に来られる(その次もずっと?)方々におかれては、どのような冷房/暖房をされても対応可能なように、羽織るものをロッカーにいれておくことを強く推奨いたします。
あるいは現地の方々と同じ皮膚感覚を身につけるとか…。

謎?/IBT

他の有名スクールの方々の留学記のblogでは、試験前ということで一旦中断とか、留学修了と同時に閉鎖とかあるようだが、こちらはただの日記程度?で、特に留学記というわけでもなく、ただだらだらと書くことだけを目的としているので試験前でもこうやって書く次第。同じことを何度も書いているような気がするが気にしない。


それはさておき、IBT。International Business Transactionです。何回かネタにした「駄々っ子ダー君」その他の方々の貢献?により例年よりも進みも遅く掘り下げ方も浅いと思われます。昨年こちらの学校に来た同僚が集めた過去ノート(昨年は別の講師が教えて大不評だったらしい)を見ると、概ね似たようなことをやっているようです。それはいいのですが、何だか結局のところよく分からない。どうも実感がわかない感じが付きまとう。来る前に携わっていた業務が国境をまたぐ形での取引が少ない(外国に行ってその国の中で完結する形が多かった?)せいなのか??どう腑に落ちない感じ。仲裁とかの話は見えやすかったのだけど、jurisdictionの話は結局分かるような気がする一方で、やっぱり分からない感じが拭いきれない。まあ、試験が厳しいという情報はないので、何とかなるのだろうと思うけど、結局何を学んだのやら、実感がわかない。

ボストンマラソンをゆるく見物

ゴール近辺まで見に行くとかした方が盛り上がっていたのかもしれないが、面倒なので、アパートの前で見物。何より寒くなったとかトイレに行くとか飯とか心配しなくてよいから楽。まだ人々は走っているのですが…


最初は車椅子?の人々から。あまりのスピードにデジカメが対応できていない。


BostonMarathon1.jpgBostonMarathon2.jpg


そうこうするうちに女子の先頭が来る。日本人選手が含まれていたようだけど、チェックしていないので不明。


BostonMarathon3.jpg
BostonMarathon4.jpgBostonMarathon5.jpgBostonMarathon6.jpg


マラソンの脇でTは普通に走っているし、BeaconStを横断する人もいるし(完全に封鎖とかしていないみたいだし)、一応セキュリティは気にしているらしいけど、やはり日本ほどきちんと警備をしている感じはない。


BostonMarathon7.jpgBostonMarathon8.jpgBostonMarathon9.jpg


男子の先頭は飯を食おうとしている間に行ってしまった。部屋の中からは見たけど写真は撮れず(別にぬるーく見ているだけだからいいのだが)


BostonMarathon10.jpg
後ろの方は団子になっている。今も走っている。とりあえずご苦労様という感じ。


(17:10追記)そろそろ撤収が始まってます。でも歩いているのか走っているのかよくわかんない方々も結構いらっしゃいます。難儀なことで。





 

ボストンマラソン準備中

大きなイベントらしいので、多少は見てみよう。アパートの前をランナーの方々が走るらしいし。根性がないので、窓からとTV(久しぶりにつけた)と見て、テキトーな頃合を見てアパートの前に出ようという程度。と書いていたら、既にスタートしたようだ。


BostonMarathonprep1.jpegBostonMarathonprep4jpg


道路には標識とかロープが張られているが所詮この程度なので、その気になれば妨害も出来そうな感じもする(しないけど)。


 BostonMarathonprep2.jpgBostonMarathonprep3jpg


Washington Squareのところに給水所か何かできるらしい。


BostonMarathonprep5jpg


どさくさにまぎれて選挙のポスターも出ている。ランナーに見えるとは思われないが…。

PCトラブルについてのメモ(WinXpPro起動せず)

こちらの学校のTaxのLLMに通われているakiraakiraさんのPCでトラブルが発生した。顛末について記録しておく価値があるのではないかと思うので、勝手ながら速報代わりにメモ。この辺りでPCについてトラぶったときに役に立つかもしれないと思う。内容についてはご本人から来たメールの内容に基づいているが、dtkにより適宜要約させていただいた。文体も修正しています。


<この件から学ぶべきこと?>
(1)こちらで使う端末のwindowsのCd-Romは持ってきたおいた方が安全
 (dtk注:最近の端末では付属しておらず別途購入が必要:MSはなくても大丈夫というスタンスなのかもしれないが、彼らの言うことを信用するとろくな目にあわないのでは?)
(2)ofiice等のソフトのCd-romもあわせて持ってこよう
 (dtk注:最悪自分でゼロから復旧可能なように)
(3)バックアップはこまめに取ろう(外付け)
 (dtk注:当たり前のことだが面倒くさいんだよね)


<何が起こったか>
端末:IBM ThinkPadT42 (保証期間は満了後)
OS:WinXpPro(Cd-Romは付属していなかったとのこと
いきなりWinXpProが起動しなくなった。SafeModeでも起動せず、MSのサイトからデータを入手して起動ディスクを作成しても起動しない。 

続きを読む»

乾燥機壊れる

すっかりボストンも春の陽気です。試験まで10日ちょっとなんですが、ちっとも緊張感がないのはきっとこの陽気の所為です。


そんなこととは関係なく、乾燥機が壊れました。地下のランドリーにある3台全部。困ったもんです。イースターの休みの所為?ともあれ、メンテナンスの対応がいまいちです。クォーターが無駄になるのが腹立たしい。


メンテナンスがいつ直してくれるのか不明ですが、しばらくは不自由が続きそうです。

卒業式のしおり?

commencement.jpeg


何だかしらないが写真のようなものが届いた。確かに、commencementに親御さんが来られるというところ(配偶者のご両親共々というところもあるようだし)もあるようだから、こういうものがいるのかもしれない。


こうなるとやっぱり「おうちにかえるまでが卒業式です」(by M)というようなことを誰かが言ったりするのだろうか。

OneDollarCoin

onedollarcoin.jpeg
郵便局で切手を自動販売機で買ったのだが、買う時に20ドル札しか手持ちがなくて、それで39セント×20枚のbookletを買ったら、お釣りがこれで来た。


郵便局の自販機以外でお目にかからない1ドル硬貨。重い。無駄に重いのでなるべくはやく使ってしまおう(既に1枚使ったけど)。

前途多難/M&A

M&Aの授業も、今日の質疑応答を含めて完全に終わり。実にめでたい。


ただ、試験をどうするか、という問題点がある。大問題です。はい。


何しろ情報がない。過去問がない。Big Pictureが描けるようになっていればいいとか言っていたけど、授業は細かいところを一通り説明するだけで、あれでBig Pictureが描けるようになるとはとても思えない。自作テキストは膨大だけど細々としたことについて淡々と書いてあるうえに外人にも分かる程度に悪文で読みにくい。自作テキストだから当然対応したアンチョコの類もない。しかも試験はclosed book。


取りうる選択肢としては、

続きを読む»

audit終わり/IBA

audit(聴講)扱いで履修していたInternational Business Agreement(IBA)が一足早く終わった。この科目、通常は月曜の18:30-21:30という時間帯で、その前に2コマあって(International Business TransactionとCorporate Finance)、2つ受けた時点で疲れ果てているだろうというのと、これら2つの方の優先順位が上という判断から、授業を聞くだけの聴講扱いにしていた。結果的には正解だったように思う。授業が始まる時点で疲れていたから。


授業自体、色々な分野の契約書及び契約交渉について、文献とか判例を読ませるもので、International Business Transactionで取り上げた判例を別の角度から取り上げることとかもあって、これはこれで面白い部分もある。


一方で大きな問題点もある、

続きを読む»

新装開店?

新装開店というと何か変ですが、今までlivedoorのblogを使っていたのですが、livedoorもどうなるか分からないと思うので、こちらに引っ越してきました。過去の記事を移転するかどうかは不明ですが、とりあえず今後はこちらでやっていこうかと。


ちなみに昔のところは次のところです。
http://blog.livedoor.jp/dtk1/


どうぞ宜しく。

blog移転に関して

今回blogの引越しの直接の引越しの引き金は一連のlivedoor事件だけど、それ以外にもいくつか理由がある。blog内検索がしにくいとか、メールフォームがあると便利だろうとか、一旦作ったカテゴリーの整理ができないとか、そういう辺りを勘案して今のところに移った。有料のサービスを使っても良かったのだが、何だか癪なので、無料に拘って選んだ。


ろじゃあさんのところでblogのバックアップツールがないかという質問が出ていて、そのときにネットで探した「巡集」というソフトで一通りのバックアップは取っているけど、これをどうやってあげたらいいのかよく分からない。調べるとか、スクリプトとかプログラムを書くとかそういうことをすればいいのかもしれないが、そういうところまでは手が回らない。どなたかいい手があったら教えてください。


追記:とりあえず4月の分は手動でcopy&pasteしておく。


追記2:冷静に考えると迂闊にcopy&pasteするのも考え物なので全部削除した。もしご不便をかけた方がいればお詫びいたします。削除し忘れがあったらご指摘いただければ幸甚です。

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。